3歳時のイヤイヤ期をうまく乗り越えるベストな4つの対処法

3歳時のイヤイヤ期をうまく乗り越えるベストな4つの対処法
3歳時のイヤイヤ期をうまく乗り越えるベストな4つの対処法

3歳時のイヤイヤ期をうまく乗り越えるベストな4つの対処法

スポンサーリンク

こんにちは甘父ちゃんです。

子供のイヤイヤ期で何を言っても言うことを聞いてくれないと困っている親御さんも多いはずです。

我が家では子供のイヤイヤ期真っ最中でして、魔の2歳児が終わり、無敵の3歳児を現在、迎えています。

そして下の子がまだ1歳になっていないので悪魔予備軍が控えている状態です。

ハ↓↓(T ^ T)

そうは言っても、なんらかの対策を打たないことには、私達にとっても子供にとっても良くない結果が絶対待っいます。

そこで今日はそんなイヤイヤ期を比較的、軽傷でやり過ごすことができた我が家のベストな方法を紹介していきます。

 

子供のイヤイヤ期は自我が芽生えている証拠

3歳にもなれば、出来ることが増えて、何でも自分でやりたくなる時期で、失敗を恐れず何でも取り組むその姿勢から無敵の3歳と呼ばれています。

プライドも一丁前にできてきて、親に何でもかんでも否定されるのを嫌います。

なので、この時期に親は何でもかんでも、してはいかないって叱るのは効果的ではないんです。

失敗を極端に嫌う子、達成感を味わうことができない子供になってしまいます。

うまく子供の調子を乗せて、達成感を味あわせるように仕向けていくことが大事になってくるんです。

注意、やたらと怒らない!臆病な子供になります。

家の中は常にグチャグチャで「ギャー」とか「ピー」が毎日飛び交っており、親は心休まる時が少ないでしょう。

それに加えて子供が何も言うことを聞いてくれないってなると、カミナリを落としたくなる気持ちは痛いほど分かります。

ですが、実はそのカミナリには子供の都合では無く、親の都合であることがほとんどだったりします。

自分達の都合で落ちるカミナリの例

  1. 早く寝てほしい。自分達の時間がほしい、明日起こすのが大変だから
  2. お片づけしなさい。私たちの足の踏み場が無いから
  3. 歯を磨きなさい。虫歯になったら子供が可哀そうと大人が思うから
  4. 階段は気をつけて登りなさい。落ちて痛い思いをさせたくないから、
  5. 公園で他の友達と遊ばせない。ケンカでもしたら大変だから

 

家事や仕事に追われていると、つい頭ごなしに怒ってしまいがちです。

しかし、しなさいって強制させるのは良くありません。

子供にしなさい」ややめなさいって叱る行為が頻繁に起こると子供は親の顔色を窺いながら生きていくことになります。

家に帰っても緊張状態が続くようになり、将来は消極的な大人になってしまうかもしれません。

我が家のイヤイヤ期ベスト対策

我が家でも先ほど紹介した大人の都合で怒ってしまうこともありますが、今から紹介する対策を少しでも意識しておくことで、頭ごなしに怒ることが少なくなるでしょう

お願いをして調子に乗せる。

この時期の子供は調子に乗せるとうまく運びます。

「しなさい」って言うとイヤイヤが発生してしまいますが、「してくれないかな~」お願いします。って言ったら、
子供は「もうしょうがないなー」って言いながら嬉しそうに何でもしてくれます。

してくれたら、「ありがとう」っていつもよりオーバー気味に褒めてあげるとより効果的です

お手本になるお兄ちゃんお姉ちゃんと一緒に遊ばせる。

年上の子と遊ばせるのは効果的です。

子供は親の良いことはあまりマネせず、悪いことだけをマネします。

親が子供によく言ってしまう発言を真似したり。真似しなくてもよいことばかり真似しますよね。

子供が成長で良いことをマネしたり、刺激を受けるのは同世代のお友達や兄弟からになってきます。

競い合うこと、お兄ちゃん、お姉ちゃんは凄いと肌で感じることが良い経験になるので、保育園、お友達の子供、公園などには積極的に遊ばせましょう。

なんでも遊びに変えて取り組ます。

お風呂やハミガキなど取り組む時は遊びに変えるのが効果的です。

お風呂ならプールに行こう。

ハミガキは子供が大好きなアニメの適役バイキンマンが口の中にいっぱいいるから退治するという設定が効果的です。

小さな出来たを経験させてあげる。

更新します。

まとめ~3歳時のイヤイヤ期をうまく乗り越えるベストな4つの対処法

更新します。

スポンサーリンク

子供コミュニケーションカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。