【他人に振り回されやすい人必見】読むだけで対策ができちゃう本を紹介

【他人に振り回されやすい人必見】読むだけで対策ができちゃう本を紹介
【他人に振り回されやすい人必見】読むだけで対策ができちゃう本を紹介

【他人に振り回されやすい人必見】読むだけで対策ができちゃう本を紹介

スポンサーリンク

こんにちは甘父ちゃんです。

本屋さんでおもしろそうな本が無いかを探していると、目に留まったタイトルがありました。

『いつも誰かに振り回されるが一瞬で変わる方法』

思わず購入してしまい、すぐ読書。

本の内容は斬新で受け入れがたいところも、ありますが

タイトルにあるようなことが期待できる内容になっています。

どんな人にオススメかと言いますと、

  1. 他人に振り回されることが多い人
  2. 相手の顔色を伺ってしまう人
  3. 言われたことを一日中気にしてしまい、他の作業がまともにできなくなる人
  4. 自分に自信が持てない人
  5. 先の四つから解放されたいと思っている人

心理学や精神医学の中でも珍しい一風変わった暗示の力を使って、拘束された心を解放する手助けをしてくれます。

今日はこの本でどういった効果が得られたのか私の体験談も踏まえて紹介していきます。

『いつも誰かに振り回されるが一瞬で変わる方法』を読んで得られる効果

この本を読んで得られる効果や改善は次の通りです。

  • 他人のことが前より気にならなくなる
  • 自分の心が健全な心じゃなかったことに気づく
  • アプローチの仕方が簡単ですぐに始められる。
  • 拘束された心が自由へと解放される

 

私が『いつも誰かに振り回されるが一瞬で変わる方法』を読もうと思った理由

冒頭で書いていた通り、読むきっかけになったのは偶然で、目の前に留まったタイトルに惹かれたからです。

ただ、わたしは人に振り回されることが多く、人生を思い返すと常に誰かに支配されているような気がしていました。

他人の支配がひどかった時期があり、その時はそこから抜け出したいと毎日悩んでいました。

タイトルが目に留まったのはそんな経験があったからです。

 

自分が誰かに振り回されることにはちゃんと原因があって、もしかしたらその支配から心を開放できるかもしれない

そんな期待から読んでみたいと思ったのが理由ですね。

 

本のあらすじを簡単に説明します。

『いつも誰かに振り回されるが一瞬で変わる方法』は心理カウンセラーの大嶋信頼さんの作品です。

出版されている本は人気本が多く、今回私が読んだこの作品も12万部を突破されています。

発売されたのが2016年9月であり、2018年5月にこの本の漫画版が発売されそちらも注目されています。

本の構成は人に振り回されてしまう原因や特徴を紹介したあと、問題のテーマごとに解決方法を紹介してくれています。

本の内容ですが、カウンセリングに関わる小難しい専門用語はほとんど出てきません。

実際に本に書かれている、人が振り回される理由や体験がビックリするぐらい心当たりのある内容で驚きました。

「早くそれの解決策をわたしに教えてくれ~」とカモン状態になり、かなりの速さで読み進められました。

 

解決策は簡単ですぐに取り組むことができます。

しかし、その解決策が馴染みの無い暗示や催眠療法でして、読んだ直後はにわかに信じがたいと感じてしまいました。

そんなんで治るのって私も疑ってしまいましたが、実際にやってみると心がマジで少し楽になりました。

他人に振り回される人の原因

他人に振り回される人の原因には相手の気持ちを考えてしまう人によく起こります。

相手が私のことをどう思っているのかを必要以上に気にしてしまい、相手の立場になって、自分を客観視してしまいます。

相手の立場で自分を客観視してしまうことで、偽りの自分を作り出してしまい、嫌われたり、威圧的な態度を受けるのを避けたくなります。

こういった態度や思い込みが原因で次のようなことが引き起こされます。

  • 自分の気持ちを抑えて他人を優先してしまう
  • 他人の言葉1つ1つに流されてしまう
  • 常に上下関係が生まれているように感じる
  • 相手が怒っているのは私のせいだと感じる

 

暗示の力で自由を手にいれる

他人に振り回される原因は自分にあると思われがちですが、一番大きく作用しているのは人間関係であると著書では言われています。

自分が感じた思い込みが相手の頭に伝達されてしまい、自分が感じた嫌な予感が本当に現実になってしますんです。

著書では人に振り回される様々なパターンを風変りな暗示の力を使って、自分と相手との間に壁を作って遮断する方法を教えてくれます。

  • 本音モードになる
  • 自我防壁
  • 知恵と力の関係
  • 相手の気持ちはわからない、自分の気持ちも分からないんだから

これだけ見ても何のことだか分からないと思いますが、著書では詳しく説明されています。

こういった言葉を心の中で唱えることで、相手の支配から逃れられ、だんだんと相手のことが気にならなくなっていきます。

 

相手の気持ちを深くさぐって行動しているつもりでいましたが、結局のところ相手の気持ちなんか分かるわけがないんです。

ただそのつもりで行っていた作業は自分だったらに置き換えて考えているだけで、自分のネガティブなところが表されていることに気づかされました。

心に残った言葉

「心よ!わたしのことを助けてくれますか?」

引用:『いつも誰かに振り回されるが一瞬で変わる方法』

初めて読んだ時には何を言っちゃってるのか理解できませんでした。

こっちはマジメに本と向き合おうとしているのに、最後の解決策が自分の心に話かけようだなんて、心が返事してくれるそんなおとぎ話みたいなことがありえるの?

 

最初、心の存在を疑っていたわたしでしたが、妻に話すと「あるよ」と言われて驚ろきました。

サッカーで活躍している本田圭佑さんも私の中のリトル本田に話かけると言われていました。

実際に心に向かって「心よ、どんな気持ちですか?」と唱え続けると、確かにイメージみたいなもの湧いてくるようになり、返事してくれているように感じることができました。

著書では自分の心に話しかけることで人間関係が改善されると紹介されています。

 

まとめ~他人に振り回されないようにする本に出合ったので紹介します

今日は他人に心を支配されない方法を紹介そました。

他人に振り回されたくないと悩んでいる方は是非、実際に『いつも誰かに振り回されるが一瞬で変わる方法』を読んでみてください。

考え方が変わりますし。心が解放されていく感覚が分かるはずです。

nbsp;

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

本&漫画カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。