妻が切迫早産 になった時に心強いと感じられる夫がやるべき行動を紹介

妻が切迫早産 になった時に心強いと感じられる夫がやるべき行動を紹介
妻が切迫早産 になった時に心強いと感じられる夫がやるべき行動を紹介

妻が切迫早産 になった時に心強いと感じられる夫がやるべき行動を紹介

スポンサーリンク

こんにちはビンボウ暇無しの甘父ちゃんです。

我が家には毎日ギャーすかピーすか騒がしくしている2人の男の子がいます。

そんな彼らの、まだお腹の中にいた頃を思い返すと、本当に無事に産まれてきてくれて良かったと思い返す時があります。

2人目の子の時に妻が切迫早産になってしまい、入院をしました。

家族にとっては一大事な事件で、まだ産まれないでくれと必死で神様にお願いしました。

今日は私たちが経験したこの切迫早産について、我々の経験談を元に、今から子供を作ろうとしている方や子供が出来た方に向けて参考になる情報を発信します。

もし、奥さんが切迫早産になってもワタワタせず頼りがいのある夫でいられるように何事にも準備は必要ですよ。

 

切迫早産ってどんな症状なの?

一般的な出産までの日数は37週~42週6日(正期産)でありこの日数未満の22週~36週6日で出産することを早産と呼びます。

切迫早産は早産になる危険性がある状態のことを言います。

ちなみに22週~36週6日未満の日数で生まれた場合は流産になり、その危険性がある状態を切迫流産といいます。

切迫早産の原因

原因には感染症と子宮頚管の病気などがあり、ストレスや疲れ、動きすぎ、胎児に問題があることなどが原因で引き起こされます。

以前の出産で切迫早産になった経験がある妊婦さんはまた発症する可能性が高くなるので、異変があればすぐにお医者さんに診てもらったほうが良いでです。

切迫早産の症状

本来、正期産の週で起こる出血や破水、お腹の張りが収まらない、子宮口が広がるといった出産に向けての症状が正期産よりも早い段階で現れます。

子宮頚管と呼ばれる産道の長さも早産になる目安になり、あまりに短いと入院になったりします。

赤ちゃんが早くに生まれることで起こるリスク

最近では医療も発達しているため、未熟児でも助かるようになってきましたが、

まだ身体が十分に発達していない時に産まれてしまうので、最悪、後遺症や障害を発症する可能性が高くなります。

切迫早産と診断されたら、早産にならないような処置をとらなければなりません。

切迫早産の処置

切迫早産でも症状の具合で処置が変わります。

軽度な症状なら諸注意であり、動く際は気を付けてね、程度で済みますが、

さらに悪化した場合では自宅療養の処置となり、仕事をされている場合は良くなるまでお休みをとって安静にする。基本寝ていることを推奨されます。

さらに、もっと悪化した場合は病院で入院になり、薬や点滴で処置します。子供がいる場合、一緒に居ることが出来なくなるので何らかの対応が必要になります。良くなれば退院できます。

いきなり症状が重く入院となることも十分あり得ます。

妻が切迫早産になった時に求められる夫の対応力とは?

妻が入院ってなったら、もう家族にとって、一大事です、すでに子供がいる場合、お父さんが面倒を見ないといけません。

家事も全部お父さんがしないといけませんし、仕事が休めない、早く帰れない、なんて状況と重なってしまったら、もう最悪です。

なので突然、窮地に追いやられないように、事前に妻とそうなった時のことを相談したりして、どうしたら乗り越えていけそうかを話しておきたほうが良いです。

家のことは俺に任せて、安静にしていなさい。

気を付けてねのレベルだと、そこまで神経質にならなくてもいいですが、自宅安静となると基本母親は寝ていないといけません。

なので、育児や炊事洗濯掃除は夫がやらないといけなくなる為、仕事は出来るだけ早く終わらせてもらえるように会社に相談して帰らしてもらえるようにしましょう。

すでに、子供がいる場合、保育園に預けているなら、預けにいくのも、迎えにいくのも夫がしないといけません。

絶対重いものは夫が持ってあげ、高いところに登ったりもさせない、階段も極力使わせないように、細心の注意を払わないといけなくなります。

相当厳しい、生活になると思いますが、全てはこらから生まれる子供の為なんです。

俺一人では無理だ。あの人に助けてもらおう。

全部の業務を仕事がある夫に託すのは難しく、誰かに助けてもらはないといけない時は絶対にあります。

緊急事態になるまえから、想定して周りの手助けしてくれそうな方にお願いをしておきましょう。

周りに助けてくれる方がいない場合や、お金に余裕がある方などは家事代行や育児代行などのサービスを取り入れても良いと思います。

 

ストレスを与えない環境を作る。

私の妻は子宮頚管が短いことで、自宅安静になりましたが、家でじっとしていても子宮頚管は短くなる一方でした。

家に一人じっと寝ていないといけない苦痛や不安がストレスになり、お腹に悪影響を及ぼすのかもしれません。

しかし、妻が実家に帰ってのんびり暮らすようになると、子宮頚管の短くなる症状はピタッと止まりました。

話し相手がいる、気兼ねなく世話をしてくれる人がいるといった環境が、ストレスを大きく軽減させて症状を緩和したのだと思います。

なので実体験から言えることは妻が落ち着く環境を用意するのも切迫早産には有効だということです。

私達の実体験

妻の実家は福井で、もともと里帰り出産を希望していました。

なので出産1ヶ月前に里帰りをし、産後1ヶ月は実家で赤ちゃんを育てることになっていました。

診察を受けた最初の病院は京都の総合病院であり、福井の病院と連携がスムーズに取れるように紹介状なども必要な時に書いてもらいました。

最初の京都の病院で切迫早産と診断される。

妻が2人目を妊娠した時、妻の職場は人が入れ替わる時期でバタバタでした。

それと妊娠がバッティングしてしまい、ストレスと動き過ぎなどが原因で最初の注意から自宅安静に変わり最後は入院になるレベルまで悪化してしいました。

最終の診断で、このままだと京都で産まないといけなくなるから里帰り出産を希望するなら、前倒しで帰るようにお医者さんに勧められました。

私はその話を聞いた時、まあまあの緊急事態であり、今産まれたら500gの超未熟児になるんおで、それだけは絶対に避けたい!家のことは自分に任せて、すぐに実家に帰るよう妻に話をしました。
この判断は振り返って考えても良い判断でした。

急に家族離れて暮らすことになったので、その日は夫婦で泣きました。
妻はこんなことになった自分を責めていましたが、無事に産まれる為に最善を尽くす行動をとることが私達にとって何よりも優先したいことであり、仕方がないことなんだと言い続けました。

私も上の子としばらく会えなくなる寂しさを押し殺し、次の日妻を実家に送り届けました。

福井の産婦人科専門病院の診察では違った見解

 

里帰りも予定では産まれる1ヶ月前に帰る予定だったのが3ヶ月前に帰ることになり、妻のご両親にも急なことで大変迷惑をかけましたが、嫌な顔一つもせずに引き受けてもらい、本当に感謝しかありませんでした。

次の日に実家に帰った妻は出産する病院で再診を受けました。

結果、問題なし、子宮頸管もそんなに短くないから心配しなくていいよ。

唖然としたらしいです。

私も聞いて、意味がわからなかったんですが、
病院の方針や先生によって、診断は様々なようで、最初に受けた病院では入院レベルであったものが、妻の地元の病院では懸念するレベルではなかったと言うこと。
その日は一応検査のために入院しましたが、検査結果後、すぐに退院しました。

結果的に前倒しで里帰りする意味は無かったように思いますが、
その出産する病院の先生に再診してもらえたこと、問題無しと診断してもらえたことが我々にとってかなりの勇気につながりました。
あのまま京都の病院で過ごしていたら、本当に悪化していったのかもしれません。

その後、妻は実家で過ごすことでストレスも軽減され、大分親に甘えまくったようで無くなったのでしょう。

切迫早産のリスクはみごとに無くなりました。

出産の日を迎える

そして結果的にストレスから解放されたお腹の中はさぞ居心地がよかったのか?

次男は速く産まれるところが、2週間も予定日より遅れて出産になり、あの切迫早産はなんだったんだろう?と今でも夫婦で不思議に思います。

ただ本当に無事に産まれてきてくれたことだけで良くて、前に起こったなんてどうでもよくなうぐらい、妻と子供には感謝しています。

まとめ

私達、男は子供を産めないので、身籠った女性の気持ちはわからないんですが、聞くとかなりのプレッシャーがのしかかるようです!

ただでさえ不安な心境の中、プラスで切迫早産となると、母親は私のせいだと感じちゃう人が多く心が壊れそうなくらい苦しくなります。

そんな状態の奥さんの気持ちをまず救ってあげれるのは唯一無二の夫しかいません。

パートナーである夫が頼りになるフォローがかなり大事になり、時に冷静な判断もしてあげないとけません。

突発的にしっかり判断できる方はそれでも良いと思いますが、聞いてオロオロしてしまいそうな方は事前に知識として知っておいたほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

妻コミュニケーションカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。