アマゾンプライム会員の人が持つべき初めてのタブレットはFire HD8で決まりでしょ

アマゾンプライム会員の人が持つべき初めてのタブレットはFire HD8で決まりでしょ
アマゾンプライム会員の人が持つべき初めてのタブレットはFire HD8で決まりでしょ

アマゾンプライム会員の人が持つべき初めてのタブレットはFire HD8で決まりでしょ

スポンサーリンク

こんにちは夏にも負けない甘父ちゃんです

このあいだ開催されたアマゾンプライムデーが素晴らしくて、ついつい便利グッズを買ってしまいました

その中でも一番のお気に入りがAmazon Fire HD8というタブレット端末です。

電子書籍を読むためのタブレット機が欲しくて、購入を考えていたところ、Fire タブレットに出合いました。

Amazonプライム会員なら映画も外で見れちゃうし、雑誌も漫画も読めて、音楽も楽しめる、もちろん電子書籍も読めます。

そんなタブレットが5480円になっちゃって驚きでした。一回飲みにいくのを我慢したら買えちゃうんですよ。

プライムデーは終了したので、この値段では買えませんが、それでもプライム会員なら8980円で買えるのでまだまだ安いです。

今日はわたしのようにタブレットが欲しいヒトに向けて、手に入れたあとの生活の変化や類似商品の違いなどを簡単に分かりやすく紹介します。

Amazon Fire タブレットを買ったことによる生活の変化

Fire Hd8を手に入れたことで起きた生活の変化について紹介します。

  1. 我が家にタブレット端末があることで家に帰りたくなる。
  2. 電子書籍をスマホから8インチの画面で読めるようになったことで、本を快適に読めるようになり、前よりも本を読むのが好きになった
  3. Fireタブレットでは電子書籍以外にも映画や音楽やゲームやネットなど幅広く使えます。寝室でスマホよりも大画面で番組を見ながらオヤスミできます。
  4. Amazonプライムに加入していたので、事前にWi-Fi環境でダウンロードしておけば、ネット環境じゃないところでも見れるようになり、見たい番組を持ち歩くことが簡単にできるようになった

わたしが電子書籍を欲しいと思った理由

スマホだけでは満足できない、タブレットが生活にあればいいなと思った理由を紹介します。

ブログを始めて本を読む機会が格段に増えた。

ブログを始めてから本を読む機会が各段に増えました。

本を読むことで全く知らなかった専門知識が身につき、ブログのネタ探しにもなる、知的っポくてカッコいいなどブログをする上では絶対にしたほうがいい趣味なんです。

ブログを書き始める前は本を読む習慣は全く無く、アホみたいにテレビばかり見ていました。

今思うと、大のおとなが勝手に配信された垂れ流しの情報のみをキャッチして生きていたことに対して恥ずかしく思います。

本を読む習慣がついて電子書籍も利用するようになり、スマホを利用して本を読んでいたのですが、しばらくすると目への負担がかなりひどくくなってしまい、大画面で見れてブルーライトを抑えた目のにやさしいタブレットに憧れを抱くようになりました。

AmazonプライムとKindle Unlimitedに入会した

Amazonプライムサービスに加入すると、様々なサービスを受けることができるんです。

その中の1つのサービスに毎月1冊無料でkindle本を読める特典+プライム本が読み放題があります。

このサービスを有効利用するためには電子書籍対応のタブレットが必要だなと思っていました。

 

Kindleアンリミテッドとは月々980円でAmazonプライムのラインナップ以上に用意された様々なジャンルの本が読み放題になるサービスです。

しかも2018年7月3日~7月17日のあいだに入会すれば2か月間99円で読み放題になる神イベントを開催されており、それきっかけにわたしは即入会しました。

入会きっかけに毎週1冊は読むと決意した瞬間、電子書籍がマジでほしくなりました。

決めてはAmazonプライムデーの目玉商品として出品されていた

1年に1回開催されるプライム会員限定のAmazonの大特価セール

今年は7月16日~17日に開催され、すでに終わってしまいましたが、また来年も開催されるので気長に待つことが出来る方には、この時にタブレットを買うことをオススメします。めっちゃ安く購入することができますよ。

Fire Hd8

Kindle Paperwhite

Fire タブレットの良いところ悪いところ

お値段の割には十分すぎるほどウキウキさせてくれるアイテムで良いところばかりに思いますが、悪いことだって当然あります

なのでどっちも紹介します

何よりタブレット本体の価格がめっちゃ安い

王道のタブレットといえば、iPadだと思いますが、安くても40,000円はします。

タブレット事態の性能では劣ってしまいますが、普通に使う分には十分な性能を持つFire タブレットなら10,000円もせず購入することができます

そんな気負わずに買える値段ですし、Amazonプライム会員ならサービスの向上にもつながるので、大変満足できるます

本・映画・アニメ・音楽・ネットなど幅広く使える

電子書籍を読むためにタブレットを買っていいかを妻に確認したら、ダメだと断られました。

理由は「もし読まなくなったら使えないから」だそうで、わたしの信用問題で買うことが出来ませんでした。

なら電子書籍以外でも使えちゃうFire タブレットなら購入してもいいんじゃないのかと提案したところ、即OKが出ました。

Amazonプライムメンバーなら動画の持ち運びが簡単に出来ること、子供をあやすのに絶対便利であることなど、電子書籍以外でも使用できることから我が家ではkindleタブレットでは無く、Fire タブレットを選んびました。

Fire HD8は無い容量(ストレージ)が無くなったら、後から追加できる。

Fire HD8のは16GBと32GBが用意されています。値段に2000円ほど違いがあります。

オススメする方法は16GBを購入し、容量がほしくなったら別売りのmicroSDカードで容量を増やす方法です。

最大256GBまで増やすことができるので無敵です

2時間映画ならだいたい1.2GBなので16GBだとだいたい10本以上、256GBなら山盛りダウンロードして持ち運べます。

ブルーライトが目に疲れる。

スマホやパソコンと同じブルーライトで目が疲れますが、ブルーライトカットモードがあるのである程度軽減もできます。

ipadやパソコンのようには使えない

同じタブレットではありますが、ipadのように何でもできるわけではありません。

読む、見る、調べる、の基本的なことしかできなので、パソコンのように高度なことをしたい人には向いていません。

お子さんと一緒にテレビを見たいとか1人の時間で読書ができたらいい、そんな使い方をされるかたに向いています。

類似商品のkindleタブレットが優れているところ

Kindleは読書専門に作られたタブレットになるので、電卓が計算機能しかついていないのと同じで、読書しかできません。

しかし、読書に関していえば、Fire タブレットよりも優れています。

  1. 解釈度が高く、文字がはっきりくっきり見える
  2. ブルーライトを使用していないので目が疲れにくい
  3. 充電が数週間も持つ
  4. 本体重量が軽い

しかし、残念ながら漫画や雑誌を読むことに関していうとFire タブレットのほうがいいんです

  1. Kindleタブレットの容量は4GBなので60冊ほどしかダウンロードできません(マンガタイプなら700冊ダウンロードできます)。
  2. 画面が白黒なのでカラー本の白黒になる。

まとめ とりあえずサイコーだった

Amazon Fire HD8買ってみて思ったのがかなりサイコーでした。

5000円でこれだけのことができる商品はこの世に無いと思います。感動しました。

最後にどんな人にこのタブレットが向いているかだけまとめておきます

  1. タブレットを持っていなくて欲しい人
  2. 見る・読む・調べるができれば満足できる人
  3. 小さいお子さんがいる家庭
  4. Amazonプライム会員に加入している人
  5. Kindleアンリミテッドに入会している人

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

Amazonプライムカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。