ごちゃごちゃ頭をクリーンに解消する7つの方法を教えます。

ごちゃごちゃ頭をクリーンに解消する7つの方法を教えます。
ごちゃごちゃ頭をクリーンに解消する7つの方法を教えます。

ごちゃごちゃ頭をクリーンに解消する7つの方法を教えます。

スポンサーリンク

ごちゃごちゃ頭を所有しています甘父ちゃんです。

大人になってから、頭の働きが鈍くなったなと感じませんか?

というのも、仕事で頭を使って、子育てで頭を使って、プライベートでも頭を使って、頭の中がごちゃごちゃして、スッキリしなくなりストレスなんです。

しかも、ただでさえごちゃごちゃしているその上でこのようなことも日頃から考えてしまっています。

  • 仕事中に全く関係ないことを考えてしまい、仕事に集中できない。
  • 仕事の先輩から嫌味を言われ、一日中考えてしまう。
  • 人生このままでいいのだろうか?と常に不安になる。

こういうごちゃごちゃした情報が頭の中でいっぱいになると、やる気も起きないし、仕事もうまくいかないし、人生も面白くないんです。

 

わたしは何とかこのごちゃごちゃ頭を解消し、クリーンな頭になりたいと願っていた時に、ある本に出会いました。

『頭のゴミを捨てれば脳は一瞬で目覚める』という本です。

こちらの本はキンドルアンリミテッド読み放題の中に収録されています。

頭の中がごちゃごちゃして、作業に集中できないのは、そもそもの考え方が悪いようなんです。

ヒトはモヤモヤした時の対処法としてコーヒーを飲んだり、タバコを吸ったり、歯を磨いたりして気分転換することを進められることがありますが、それは実はあまり良くないんです。

その行為は直接、モヤモヤを取り除いているわけではなく、応急処置でしかないので、またすぐにゴミが貯まります。

脳の快適さに本当に必要なのはリラックスして、自然に集中することなんです。

この本ではモヤモヤの原因になる考え方や脳を自然にリラックスさせる方法を分かりやすく教えてくれます。

試す価値は大ありなので、頭の雑念を消したいとお悩みの方には参考になること間違いなしです。

ごちゃごちゃ頭の解消法

頭の中がごちゃごちゃと雑念が多くなるのにはその人の考え方に原因があります。

これから紹介する解消法で良くない考え方をどのように変化させればよいのかを説明していきます。

脳で考える抽象度を高くすると感情に支配されにくくなる。

他人に言われたことや予期せぬことが起こったりして、感情に流されてしまう人は抽象度が低い状態にあり、自分のことしか考えていない傾向があります。

どういうことかと言いますと、抽象度というのは情報量の多さのことをいい、目の前の事柄しか見えていないんです。

人類と私個人とを比べると、私個人の方が人類に比べて情報量が多くなっており、抽象度は低いです。

感情に流されてしまう人は抽象度が低く、自分のことばかりを考える自己中状態なんです。

そんな人はまず視野を広げて、大きく物事をみることをオススメします。

例えば、私ばかりに嫌味を言ってくる同僚がいて、私は毎日、嫌な気持ちになってしまい仕事が手につきません。

そんな時は1回、抽象度を高くして、会社にとってのことを考えてみるんです。

その嫌味な人は会社にとってどんな存在なのかを考えてみる。

会社にとって必要な発言ではないのら、深く考える必要はありません。

反対にもしかしたら、その数々の嫌味な発言は会社のためだと考えられるかおしれませんし、私が悩んで仕事が手につかないのは会社にとってデメリットだから、考えこむのはやめよかと思いかえせるかもしれません。

このようにに抽象度を高くする、視点を上げることで冷静になり、感情に振り回されることなく、リラックスしてものごとを考えることができるんです。

感情は全て娯楽であると割り切る

大昔、人類が狩猟生活をしていた時は、恐怖という感情は大事な要素でした。

それを感じることで、動物に襲われるのを回避できたり、集落同士の争いで殺しあいを回避できたり、必要な要素だったんです。

しかし、現代ではそういった猛獣に襲われることや誰かに殺されることも余程の運が悪くないかぎりありませんよね。

なので現代では恐怖はムダな要素になるんです。すなわち娯楽です。ただスリルを味わいたい時ぐらいしか使わない要素になります。

だから、上司をどれだけ怒らせたとしても、襲われて殺されることは無いので、恐怖を抱く必要がないんです。

そうと分かれば、何に対しても怖がる必要はありあませんよね。恐怖に臆することなく同道としていれば良いのです。

これまでの自分という過去の自分を捨てる

過去の経験で自分に自信が持てない人は何にしても消極的になりがちです。しかし、誰しもが現状に満足できずに変化を求めてしまいますよね。

そんな葛藤からごちゃごちゃ頭になってしまうんです。

ヒトは変わりたいと強く願っても、なかなか変わることが出来ません。脳が過去の考え方で過ごしていくことを優先してしまうからであり、それはホメオスタシスと言われ、現状を維持しようとする作用です。

そんな時は時間軸の考え方を未来から過去が作られるに変更するといいんです。

≪過去が元になって未来が作られる考え方≫

自分は昔から引っ込みがちで、積極的な行動をとろうとすると、変な汗をかいてしまいます。

だからどうせ、ちゃんと面と向かって告白しても振られるだけたし止めておこう。

これは過去ベースで未来を考えてしまう人の考え方で、過去の自信や功績次第でポジティブになるのか、ネガティブになるのかが決まります。

≪未来が良いものなら過去は全て塗り替えられる。未来が過去を作る考えかた≫

過去が最悪であっても、最終の未来が最高だったら、最悪だった過去も最高に変わってしまいます。

告白も過去の記憶から考えてしまうのではなく、未来から考えるようにします。

付き合うためには何をしないといけないのか?それをするだけで十分か?付き合えるまで何度もトライしてみます。

もし未来で交際できていたら、過去の辛い経験は甘酸っぱく幸せな思い出に変わるはずです。

もし交際できていなくても、また次、また次とその時は苦しいかもしれませんが、最終の未来で目的だった交際ができていたなら、それまでの全ての過去が幸せに変わります。

自分の未来は最高であると確信して生きている人は、過去の自分も今の自分も、最高の自分になります。

やりたくないことをしなければならないと考えてはダメです

人生、時にはやりたくないこともやらなければなならないもの。食っていくためには嫌な仕事でも辛抱しなければならない。

先人や親から聞いたことがあるフレーズだと思いますが、これはただそのヒトが我慢して過ごした浪費人生を我々に刷り込んだり、押し付けようとしているだけなんです。

自分の意思ではないことを強制的にやらされていると、自尊心を傷つけてしまい、生産性が乏しくなり悪循環に陥るので絶対にやめたほうがいいです。

このしなければならないの裏には必ずやりたくないが潜んでいます。結果、やりたくないモヤモヤが実際の行動に抵抗してしまい、進展がない、それ以上を考えようともしない。

結果こんな自分は最低だと自尊心を傷つけてしまうのです。

やりたいことだけをする

しなけれはならないことを止めて、したいことだけをするようになればごちゃごちゃ頭は消えます。

しかし、注意してほしいのが、またやりたいことを探さなければならいって考えてしまうと、頭の中で義務感や強制感が出てしまいまた振り出しにもどります。

やりたいことが自然にみつけることがベストです。

やりたいことをみつけるコツは人間の幸せについて考えることである。

いざやりたいことを考えてもなかなか見つからないという方がいると思います。

やりたいことを見つけるポイントには2つあります。

  1. やりたいことは自分に本音で話すこと、絶対にフタをしない
  2. 自分中心を止めて、何をしたらヒトは喜ぶのかを考える

やりたいことは自分に本音で話すこと、絶対にフタをしない

やりたいことを何故か遠慮気味に考えてしまう人がいます。

こんな現実味の無いことを言ったらみんなの笑われると考えてしまい、本音にフタをしてしまうんです。

結局他人のモノサシでしか考えることが出来ずにいます。

しかし、自分が今から取り掛かろうとする目的や目標に対して本音で考えないと絶対うまくいきません。

ゲスい内容でもいいから本音の野望をもちましょう。

じゃないといつまでたってもしたいにならないんです

自分中心を止めて、何をしたらヒトは喜ぶのかを考える。

ヒトが幸せを考える時、自分の幸せだけを考えることは本来の人間の幸せではありません。

というのも、チヤホヤされたいという優越感は一見幸せだと思いがちですが、抽象度の低い考え方であり、自分中心の考え方の典型でごちゃごちゃ頭の原因なんです。

抽象度を高くする見方で幸福をとらえるようにすると他人と幸せを分かち合う考え方が自ずと生まれてきます。

やりたいことを考えるきっかけは本音の願望でいいんですが、そこからどうすれば他人が喜んでくれるのかを考えることが重要になってきます。

ゴールに向かって行動する。

やりたいこと=ゴールが見つかればあとはそれを目指すだけです。

やりたいことが明確なら、集中力ややる気は自ずと伸びます。

やりたいことに関係しない感情はムダだと理解でき考えなくなります。

やりたいことが明確だと、結果を喜んだり、その過程で苦しんだりと人生がいいものに変わります。

まとめ≪ごちゃごちゃ頭をクリーンに解消する7つの方法を教えます≫

今日はネタ本である「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚めるを読んで参考になったことを紹介しました。

≪まとめ≫

  1. 抽象度を高くすると感情に支配されにくくなる
  2.  感情は全て娯楽であると割り切る
  3. これまでの自分という過去の自分を捨てる
  4. やりたくないことをしなければならないと考えてはダメです
  5. やりたいことだけをする
  6. やりたいことをみつけるコツは人間の幸せについて考えることである。
  7. ゴールに向かって行動する。

生きていく上で身の回りの情報が多すぎるので、自分にとって必要な情報だけを正確に受け取ることがごちゃごちゃ頭の解消につながるんですね。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

考え方 解消法カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。