忙しいサラリーマンでも簡単にできる読書の習慣を身につける4つの方法

忙しいサラリーマンでも簡単にできる読書の習慣を身につける4つの方法
忙しいサラリーマンでも簡単にできる読書の習慣を身につける4つの方法

忙しいサラリーマンでも簡単にできる読書の習慣を身につける4つの方法

スポンサーリンク

産まれてこの方ずっとテレビを見てきて育ちました生粋のテレビっ子の甘父ちゃんです。

ですが、

最近になって本を読む習慣を手に入れることができてしまい、

1週間に1冊は必ず読むようになり、生活は180度変わってしまいました。

仕事が忙しく帰るのが遅くなったり、帰ってからは子供の相手でなかなか自分の時間が作ることが出来ないっていう方が多いと思います。わたしもその一人でした。

そんな環境下で読書なんて出来るわけがない。

わたしもそう思ってました。

だけど、

ただ時間が無いと思いこんでいるたけで実は結構時間ってあるんですよ。

習慣は待っていてもやって来ないので、自主的に行動に移さないといけませんが、空いた時間を効果的に使えば読書も簡単に習慣にできるんです

今日はそんなわたしが手に入れた読書を習慣にした方法を紹介します。

 

本を読むを簡単に習慣にする方法

誰しもが簡単にもしくは勝手に習慣になることを望みますか、習慣は待っていてもやってきてくれません。

わざと自分で習慣になるようにしむける必要があります。

しむけるといってもめちゃくちゃ簡単なことばかりなので、今から紹介することをどれでもいいので試してみてください。

 

テレビやSNSを意味もなく見るのを止めて時間を有効に使おう

暇があったらやってしまいがちなことを意識的にやめましょう。

それだけで大分空き時間が作れます

 

仕事から帰って疲れてお酒を飲みながらテレビを見てくつろぎたくなる気持ちは分かりますよ

子供ほったらかしで無駄にスマホを開いて、SNSやゲームをしたくなる気持ちも分かります

だけど、

毎日それを繰り返しているんだったら、ずっとそのまんまで成長しません。

先ほども言いましたが習慣は勝手に身についてはくれないので、いつかがんばろうは永遠に訪れないんです

仕事から帰ったら、酒は飲まずに御飯を食べる

食べ終わったら食器を片付けてテーブルを綺麗にし、風呂に入って早く寝る

朝早起きして自分の時間を作るのも良し、

夜型なら子供が寝てから、読書タイムにしてもいいんです。

 

キンドルアンリミテッドやアマゾンプライムに入会する

月額325円でAmazonプライム会員に入会すると様々なサービスを受けられます

そのサービスのなかに電子書籍であるkindl本が毎月1冊読める&プライム指定の本読み放題といったサービスがあり、大変お得なんです

他にもサービスが充実しています。

 

これよりももっと電子書籍を楽しみたい方には

Kindleアンリミテッドのサービスをオススメします。

こちらは月額980円でkindleのアンリミテッドに指定された本や雑誌や漫画が読み放題になります

アンリミテッドに指定された本の数はプライム本とは比べ物にならないほどの量で、ラインナップも豊富です

気になるジャンルがあれば検索をかけて気になる本を試し読みできるので、一気に本が身近になり、習慣に近づきます。

 

こういったサービスを利用することで、読まないともったいない環境を作り上げるのも読書を習慣にする方法です。

 

電子書籍用のタブレット端末を買ってカタチから入る

Amazonプライム会員のやKindleアンリミテッドに入会したなら、電子書籍用のタブレットが欲しくなるはず、

それがあればAmazonのサービスをもっと有効に利用できるからです。

Amazonの商品であるFire タブレットやkindlタブレットが値段もお手頃なのでオススメします。

休日でゆったりとした空間のなか、お庭のゆったりとしたお椅子でくつろぎながら、タブレットで本を読むお父さんの姿に憧れてタブレットを買いました

わたしの家には庭も椅子も無いので実現できません

試せる時が来たら感想記事を書きます。

 

朝早起きして、自分の時間を作るようにする

時間の作り方は人によって様々で、朝派や夜中派などに分かれると思います。

わたしは朝に作業することが増えました。

わたしの場合、仕事して帰ってきて、子供が寝たあとから本を読むと睡魔に襲われてしまい、しっかり読書をすることができませんでした。

なので、

夜は早く寝て、朝早起きをするようになりました。

その効果はこちら

  • 冴えた頭で本を読むことが出来る
  • 静かな自分だけの空間ができる
  • 朝一のコーヒーを美味しく頂きながら、読書ができる。

 

ただ読むだけではもったいない効果的な読書の仕方

読まないよりも読んだ方が頭を使うのでいいと思いますが、

ただ単に読むのはもったいないです。

どうせ読むなら知識が頭に定着するような読み方をするべきです

 

気に入った本なら何度も読んで頭に定着させる

気に入った本があったら何回か読み返すことをオススメします。

余程、記憶に残る内容でないかぎり、1回でその本の内容を頭に残すことは難しいです。

勉強は習ったことを復習する、自分で整理したノートを見返すことで、習ったことが頭に定着していきます。

 

読書もそれと同じことで、

気に入った文章や内容があれば、何度も読んだり、マーカーで線を引いたりして頭に定着させましょう。

そうすることで、本の内容が自分の知識として生まれ変わります。

 

誰かに本の内容を説明してみる

読み終わったら、誰かに説明してみましょう

うまく説明できたら、本の内容が理解できている、頭に定着したことになります

 

教える方法は何でも良くて

話して説明してもいいし。SNSで説明してもいいし、ブログを運営しているなら書評記事を書いてもいいです

 

まとめ≪忙しいサラリーマンでも簡単にできる読書の習慣を身につける4つの方法≫

読書をする習慣が身に付いたので、その方法を今日は紹介しました。

まとめると

  1. テレビやSNSを意味もなく見るのを止めて時間を有効に使おう:1日の時間の使い方を見直すと以外に時間がつくれます
  2. キンドルアンリミテッドやアマゾンプライムに入会する;読書をするように自分をしむける
  3.  電子書籍用のタブレット端末を買ってカタチから入る :読書をするように自分をしむける②
  4. 朝早起きして、自分の時間を作るようにする:一番効果的な時間で集中する

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

本&漫画カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。