コーヒーの覚醒作用を正しく得る飲み方を実践したら本当だった話

コーヒーの覚醒作用を正しく得る飲み方を実践したら本当だった話
コーヒーの覚醒作用を正しく得る飲み方を実践したら本当だった話

コーヒーの覚醒作用を正しく得る飲み方を実践したら本当だった話

スポンサーリンク

こんにちは甘父ちゃんです。

日頃から眠気と戦い、毎日を生き抜いている方々に朗報です。

眠気を覚ますのに、みなさんコーヒーを飲まれると思いますが飲み方次第でその効果が大きく変わるということを知っていたでしょうか?

わたしも日頃からコーヒーを飲んでおりますが、カフェインの効果をあまり感じたことがありませんでした。

どうも間違った飲み方を繰り返していたようで、逆に悪い作用を引き起こしていたみたいです。

毎日、気だるさが取れない、眠気が消えないかたに向けて、今日は脳を覚醒させる正しいコーヒーの飲み方と、実際にそれを試してみて自分が得た効果も合わせて紹介します。

コーヒーには脳を覚醒させる働きがある

仕事や勉強をする時に眠気覚しや集中力を上げる目的でコーヒーを飲まれると思います

それは、

コーヒーに含まれるカフェインが脳の交感神経に作用して、自律神経が覚醒され脳の働きが活発化し、集中力が上がるからなんです。

しかし

そのコーヒーの効果をきちんと得る為には正しい飲み方をしないと、十分にその効果を得ることができないし、場合によっては逆効果になってしまうこともあるんです。

朝1番のコーヒーは慢性的な気だるさを及ぼす原因であり逆効果なんです

朝、起きたらまず眠気覚しにコーヒーを飲むかたが多いと思います、わたしもそうでした。

仕事までに頭をシャキッとさせたいですし、コーヒーといえば朝1の定番です。

しかし、

その行為は返って頭の働きを鈍くさせている原因になっていたんです。

人間の体は朝の6時から9時ぐらいのあいだにに脳を起こすホルモンであるコルチゾールが分泌されています。

分泌されている時にカフェインを摂取すると、コルチゾールの分泌を返って阻止してしまい、逆に目覚めるどころか、けだるさが取れないといった逆の効果を引き起こしているかもしれないんです。

 

飲むべき時間はコルチゾールが分泌されていない時間に飲むのが効果的9時〜11時の間と15時〜17時の間だけになります。

この時間以外は脳を覚醒させるホルモンであるコルチゾールが分泌されていますのでカフェインは避けたほうが良いでしょう。

コーヒーの量は1日3杯、飲みすぎに注意

わたしも朝1番や昼過ぎの休憩時や仕事の節目などで気分転換するために、コーヒーを無制限に飲んでいました。

朝の気だるさを解消したい、日中の眠気をなんとかしたい、残業で集中力を上げたい

こんな時にコーヒーをがぶ飲みしカフェイン効果で脳を一旦リセットして、脳の働きをまた良くするように出来ていると思っていました。

しかし

実際の疲労やストレスをカフェインは消しているのではなく隠しているだけであり、これが習慣になっているとドンドン体は悪くなっていきます。

またコーヒーには集中力を上げてくれるアドレナリンやコルチゾールといったホルモンを分泌させる効果がありますが、

飲みすぎるとそのホルモンが増えすぎるので、逆に疲れを引き起こす作用に変わってしまします

なので、

コーヒーの効果を正しく得ようとしたら飲む量にも気を付けないといけません。

1日のコーヒーの量はカフェイン400㎎まで

  • コーヒーカップ(150㎖)4杯ぐらい
  • 缶コーヒー(200㎖)3~4本ぐらい
  • マグカップ(250㎖)3杯ぐらい

コーヒー以外の飲み物にもカフェインが含まれているものがたくさんあります。

知らず知らずに1日の適正なカフェイン摂取量をオーバーしていることがありますので、1度気にしてみてください。

オススメはコーヒー以外の飲み物はお水にすると気にしなくてもよくなりますよ

  • ウーロン茶(150㎖)・・・カフェイン30㎎
  • 紅茶(150㎖)・・・カフェイン30㎎
  • コーラ(350㎖)・・・カフェイン34㎎
  • 麦茶・ルイボスティー(150㎖)・・・カフェイン0㎎
  • 栄養ドリンク(100㎖)・・・カフェイン50㎎

コーヒーは寝る7時間前以降は飲まない、残業前にコーヒーは済ましておく

残業中のコーヒーや夜に飲むコーヒーもあまり良くありません。

というのも

コーヒーの持続覚醒時間に問題があります。

人によって差がありますが5時間~8時間と長いために、コーヒーを飲む時間によっては夜の睡眠の妨げになってしまうからなんです。

寝る7時間前にはコーヒーを飲まないようにすることを守る、コーヒーを飲むのは夕方の残業開始前までと決めておく。

これを守るとその日の睡眠はしっかりとれるようになるので、身体をしっかり休めることができ、次の日も元気よくがんばれるようになります。

どうしても残業中にコーヒーを飲みたいという方はノンカフェインコーヒーをオススメします。

コーヒーの正しい飲み方を取り入れて得た効果

わたしも日ごろからコーヒーを飲みますが、その飲み方を変えました。

変えた点

  • 朝1番のコーヒーを止めた⇒9時~11時の間に休憩で飲む
  • コーヒー以外のカフェイン入りコーヒーを飲むのを止めた
  • 昼の休憩、仕事の節目で飲むのを止めた⇒15~17時の間に休憩で飲む
  • 夜中はコーヒーを飲まない⇒寝る前にナイトキャップをするようにした

1週間この生活に変えてみて効果を感じることができました

効果

  • 毎日の気だるさが解消された
  • 1日中頭がボーっとしたり、働きが悪いと感じなくなったり
  • メリハリがついて集中力があがった
  • 日中の眠気が軽減された
  • 夜ぐっすり眠れるようになって朝の目覚めかたも良くなった

思い込みの力も作用してそうですが、改善したと感じることができました。

 

ナイトキャップとは寝る前に少し強めのお酒を一口だけ飲むことをいいます

お酒は睡眠導入に役立つこと、1口なら利尿作用を抑えることでしっかりとした睡眠ができるんです

 

まとめ≪コーヒーの覚醒作用を正しく得る飲み方を実践したら本当だった話≫

コーヒーへの過度な頼りすぎはよくないことを分かってもらえたでしょうか?

カフェインの効果を正しく得る為には、飲む時間と量を適正にして初めて得られるんです

まとめると

  • コーヒーには脳を覚醒させる働きがある
  •  朝1番のコーヒーは慢性的な気だるさを及ぼす原因であり逆効果なんです
  • コーヒーの量は1日3杯、飲みすぎに注意
  • コーヒーは寝る7時間前以降は飲まない、残業前にコーヒーは済ましておく

 

毎日体がダル重いと感じる方は試してみてください、効果を実感できると思いますよ。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

30代既婚生活カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。