失敗が無くなる!?工場勤務でヒューマンエラーを防ぐ対策を紹介

失敗が無くなる!?工場勤務でヒューマンエラーを防ぐ対策を紹介
失敗が無くなる!?工場勤務でヒューマンエラーを防ぐ対策を紹介

失敗が無くなる!?工場勤務でヒューマンエラーを防ぐ対策を紹介

スポンサーリンク

こんにちは甘父ちゃんです。

工場で勤務していたり、ライン生産に携わる仕事をしていると、必ず失敗という壁にぶち当たります。

その中でも、

ヒューマンエラーでの失敗が大半であり、気をつけていても何故か失敗してしまいます。

今日は工場勤務必見の誰でも簡単にヒューマンエラーを防ぐ方法を紹介します。

3つのことを意識して取り組むだけで失敗をしなくなります。

ヒューマンエラーが起こる原因は注意喚起の仕方が悪い

ヒューマンエラーを無くすためには注意換気の仕方を工夫すれば無くすことができます。

誰だって失敗した時に何故失敗したのかを考えます。

「あそこで注意しておけば良かったんだ!」

「次からは絶対気をつけよう!」

「この失敗を二度と起こさないように記憶しておこう」

このように失敗したあとは必ず後悔し、そのあと繰り返さないことを強く誓いますが、月日が経つと忘れてしまい、また失敗してしまいます。

この注意喚起の仕方では失敗を減らすことは出来ません。

何故このように強く後悔したり、誓ったりするのにまた失敗してしまうのでしょうか?

それは我々が人間だからです。

人間の集中力や注意力には持続力がありません。

体調具合や、その時の感情、不意に余計なことを考えてしまうとすぐにその注意は途切れてしまいます。

だから、

いくら一生懸命に注意をしていてもそれをし続けることは不可能なのです。

本当に見直すべき注意の仕方は、仕事に取り組む前に注意するポイントをしっかりと確認しておくことです。

  1. 以前に失敗したのと同じ間違いはないか?
  2. 注意しないといけない場所があるのかを探す。
  3. そのポイントを紙に書き出して、記憶だけに頼らない環境を作る。

少しめんどくさく思うかもしれませんが、これだけでもヒューマンエラーはぐんと無くなります。

仕事に追われていて、一刻も早く製品を出さないと間に合わないと焦る気持ちは分かりますが、それで確認が疎かになって、失敗をしてしまうようでは二度手間にす。

余計に遅くなります。

慎重になりすぎるのも良くありませんが、失敗しない為には事前に失敗するであろう箇所を見つけておき、丁寧さと冷静さを常に意識しておくといいでしょう。

ヒューマンエラーが起こるのは「何故だ?」と考えないからです

失敗した時に、失敗した事実や原因だけを考えるのと、この失敗が何故?失敗になるのかを考えるのとではこれからの成長が変わります

失敗を未然に防ぐには、失敗ばかりに注目するのではなく、その製品は何に使われるのか?

この製品のどこがポイントになっているのかな?と深く追求することをオススメします。

それは、

失敗してはいけない理由を知ることで、意識に理解が加わり、忘れにくくなるからです。

例えば、

5000円札に描かれた人物は樋口一葉ですが、ただ描かれているのは樋口一葉だと覚えるのと、樋口一葉が昔何をして、何故?5000円札の顔に選ばれたのかを知るのとでは、後者の方が5000円札に描かているのは樋口一葉だと脳に定着しやすいです!

それと同じことです。

今から作業に取り掛かる製品の取り巻く情報を得ることで、失敗しない環境が手にはいるのです。

  1. 失敗だけを見るのではなく、何故これが使えなくなったのか本質を考える
  2. 部品だけを見るのではなく、それが機械の中でどのような役割をになっているのかを調べる
  3. 失敗してはいけないに理解が加わると意識が定着しやすく忘れにくくなる

ヒューマンエラーを無くすためには、プロ意識をもって仕事をする

失敗した時の心構えが半人前なのか、プロ意識をもって仕事しているのかとでは失敗の繰り返し方も変わってきます。

工場に入社後、最初は一般的に研修期間というものが用意されていますが、それを超えるとプロと同じように仕事をしないといけません。

そんなすぐには技術は身につかないので、すぐに職人さんと同じように作業をすることは無理だと思いますが、気持ちはプロなんだと自覚してやったほうがいいです。

まだまだ見習いだから失敗は仕方ないと思ってしまうのは失敗をある程度、肯定してしまうことになりその後、何も考えなくなるからです。

  1. その製品を作ることで、お給料をもらっていることを忘れない
  2. プロはこんなところで失敗しないと恥じること、後悔すること

まとめ≪失敗が無くなる!?工場勤務でヒューマンエラーを防ぐ対策を紹介≫

今日は工場勤務必須のヒューマンエラーを防ぐ対策を紹介しました。

  1. 失敗を想定して作業前に確認をしっかり行う
  2. 部品だけを見るのではなく全体を理解できるようにする
  3. プロ意識を持つ。

この3つを行うことで失敗は未然に防ぐことができます。

面倒だと思いますが、面倒なことほど成長に繋がる要素が隠れているので、是非ヒューマンエラーに悩んでいるかたは取り入れてみてはいかあがでしょうか?

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

30代仕事観カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。