auからUQへ乗り換えるお得な時期とは

auからUQへ乗り換えるお得な時期とは
auからUQへ乗り換えるお得な時期とは

auからUQへ乗り換えるお得な時期とは

スポンサーリンク

こんにちは甘父ちゃんです。

私は8年10ヶ月auのスマホ7を使って来ましたが、最近、格安スマホUQに乗り換えました。

なぜそこまで長い期間愛用していたにもかかわらず、格安スマホに乗り換えたのか?

それは、

月々に支払っている家族の携帯料金が格安スマホに変えることで、半額になるほど安くなったからです。

しかし、切り替えのタイミングに悩まされました。

auの更新月に買い変えをしないと、違約金(9500円)を支払わないといけないという問題と

今使っている携帯端末の機種代を分割で払っており、まだ全部支払いきれていないという問題です。

月々の端末の割引もまだ半年ほど残っており、こんな状態で解約に踏み切ってよいものなのか、返って損にならないのか考える必要があり悩みました。

結論から言うと私の状況では乗り換えたほうがお得でした。

そこで今日は私と同じように、auから格安スマホの切り替え時期に悩む人に向けて、私の状況を参考に考え、いつ切り替えるべきかを簡単に説明していこうとおもいます。

スマホの基本使用料が半額になる

まずキャリア携帯から格安スマホに切り替えることでどれぐらい安くなるのか説明します。

auの通信料金はスーパーカケホ3というプランに入っていました。

データ通信が1ヶ月3GBまで、5分間話し放題というプラン内容です。

通信料金が6200円で、そこからスマートバリューという割引934円がマイナスになり、5266円毎月支払っています。

私と妻の携帯料金を合算して1年間の総額は126384円になります。

私が次に買い変えた格安スマホはUQモバイルです。

UQで契約したプランはauで契約しているモノと同等のプランで、データ通信は3GBまでで、通話は5分かけ放題のプランに入りました。

料金は1年目は1980円でして2年目から2980円に変わります。2年間が過ぎるとデータ増量オプションが無料ではなくなるので500円が加算されるようになり、最終は3480円になります。

少しややこしいですが、1年目の総額は1980円×12カ月=23760円 家族2人目から500円割引になりますので妻の料金が17760円に1年目の合計が41520円になります。

2年目は私35760円+妻29760円=65520円

3年目は私41760円+妻35760円=77520円になります。

auの年間料金126’384円-41’520円=84864円も初回はお得になり、割引が無くなっても48’864円お得になります。

auの契約更新月以外で解約すると違約金がかかるがそれでも格安スマホの方がお得

格安スマホに切り替えるタイミングで大きく関わってくる解約時の違約金の問題です。

3大キャリア(docomo、au、softbank)は2年自動更新になっており、ちょうどその2年目にあたる月に更新するのか、解約するのかを考えないといけません。

ほったらかしておくと自動更新されるので、それ以外の月に解約すると、違約金が発生してしまいます。

私の場合は更新月まで16ヶ月もありました。

そのまま更新月まで我慢してキャリアで過ごしたら

5266円×️16ヶ月×️2人=168’512円かかります

次に

今すぐ格安携帯に変えたとすると

(1980円×12ヶ月)+(1480円×12カ月)+(2480円×4ヶ月)+(1980円×4カ月)=41520+17840=59360円になり

解約違約金2人分を支払っても59360円+違約金20000円=79360円になり

キャリア携帯総額168512-格安スマホ総額79360円=89152円で違約金を含めてもここまでお得になるんです。

更新月が翌月だったりするなど例外はありますが、ほとんどの場合、乗り換えたいと思ったタイミングで解約してもお得になります。

本体代の残高が気になるが、トータルしたら格安の方がお得です。

私と妻はau時代にiPhone7プラスを本体代82000円を24回の分割で購入しました。

そして、

格安スマホに乗り換えた時の本体代の支払いは残り6回になっていたので

1人総額が20520円支払わないといけませんでいした。

一方

あと6ヶ月間解約せずに行くと毎月割2445円(24ヶ月間だけ)が発生し割引されるので残り本体代の実質負担額が1人総額5850円で済む計算になりました。

今、解約してしまうと14670円も損をしてしまうことになり、

一見6ヶ月間解約せずに待ったほうが得のように思いますが、トータルで考えて見ると今すぐ解約したほうがお得になるんです。

基本使用料 5266円×2人=10532円

本体代 3720円️×2人=7440円

毎月割2445円️×2=-4890円

回線費用300円️×2人=600円

これを6カ月間使用した総額は82092円になります。

一方、

今すぐ違約金と残りの機種代を払って格安スマホUQに乗り換えた場合

基本使用料6カ月間総額 1980円×6カ月+1480円×6カ月=20760円

本体代2台分残額41040円

違約金20000円

81800円になります。

差は200円ほどとあまり変わりませんでした。

本体代を払い終えた月が更新日なら、値段はあまりかわらないので、機種代を払い終えるまで乗り換えずにauで待って払い終わってから乗り換えでもいいかもしれません。

しかし、払い終わったあとも更新月がまだ先になるなら、本体代を払い終わったあとに解約しても違約金を払わなといけません。

なので、そういった場合なら迷わず今すぐに本体代、違約金を払っても乗り換えましょう

まとめ

今日は格安スマホの乗り換えいついてお得になる時期を考察しました。

まとめると、

更新月が翌月など例外はあるが、ほとんどの場合違約金を払ってもお得になる

携帯代も分割の支払い回数によっては乗り換えたほうがお得になる

私もauからUQに変えるタイミングに悩みましたが、今すぐだといことに気が付きました。

トータルで考えても安いし、月々の基本使用料がなんといっても魅力的なので、本当にオススメします。

人によっては乗り換え時期が悪くお得にならな方もおられるかもしれませんが、ここまで安くなるなら1度しっかり考えてもいいのではないでしょうか。

画像引用先:公式UQコミュニケーションズ

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

30代副業・節約カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。