子供に大人気カーズ3クロスロードのメッセージについて考えてみた

子供に大人気カーズ3クロスロードのメッセージについて考えてみた
子供に大人気カーズ3クロスロードのメッセージについて考えてみた

子供に大人気カーズ3クロスロードのメッセージについて考えてみた

                         
Sponsored Link

こんにちはビンボーサラリーマンの甘父ちゃんです。

子供が産まれてから生活習慣が変わりました。あんだけ大好きだったバラエティー番組を見なくなり、代わりに子供向け番組を永遠に見るようになりました。

そうなんです。子供にテレビを占領されるようになったんです。身代金を払っても譲ってくれません。

最近Amazonプライムサービスに入ったのもきっかけです。無料の子供番組が盛りだくさんなんです。
⇒動画配信サービスはどれがオススメ?お子さんがいるならAmazonプライムに決まりでしょ!

 

ある日、子供が熱を出してあまりにも可愛そうだったので、Amazonプライムビデオで、子供が大好きなカーズの最新映画クロスロードを購入しちゃいました。

子供を喜ばすために買ったので気に入ってくれて良かったんですが、一日に3回も見ちゃうから、私も嫌になるぐらい見ました。

何気に見ていて気付いたんですが、ディズニーの映画だけあってメッセージ性が強く、大人でも感心させられる映画だったんですよね。

そこで今日はカーズ3が発信する視聴者へのメッセージについて、ヘビロテを繰り返した私だから見える視点で、記事にしていきます。

かなりネタバレ情報も入っていますが全然記事を見ても楽しめると思います。
何もしらない状態で見たい人は見ない方がいいです。

はじまりーー

カーズ3を見る前の簡単なあらすじ

カーズを知らない人はあんまりいないと思いますが、どういった映画なのかを簡単に解説しますね。

ディズニーのピクサー映画であるカーズは車だけが存在する世界で繰り広げられる、友情もあり、レースもあり、アクションもある。魅力溢れるキャラクターがいっぱい出てくる映画でして、メッセージ性が強く、何回見ても飽きないそんな映画です。シリーズとしては3作品上映されています。

1作目のあらすじ

ルーキー時代のマックイーンの成長を描いた作品で、レースでは人気もののマックイーンですが、プライベートの人間関係(車関係)は最悪で、最初はマジで生意気で嫌な奴なんです。
しかし、あるきっかけで訪れたラジエータースプリングスという地でメーターやサリーといった仲間たちと出会い、初めて友情というものを知りました。そして師匠のドッグからはレースで勝つよりも大切なものを教わったマックイーンは世界1を決めるレース終盤で予想外の行動をとります。

そこが結構泣けます。

子供が大好きで1日3回とか見ることもあり、私はもはや泣けませんけどね。

2作目のあらすじ

こちら2作目はメーターが主役でした。マックイーンのレースもあるんですが、アクションメインの作品です。007を意識した作品でメーターがある出来事をきっかけに事件に巻き込まれます。メーターがマフィアと戦うといった1作目とはガラッとテイストが変わった作品で、3作目との繋がりはかなり薄いです。

ただ2作目しか出てこないフィンマックミサイルはジェームズボンドのようにダンディーでカッコいいです。

 

はい次やっとカーズ3作品目です。

3作目カーズ3クロスロードのあらすじ

題名が分岐ということからマックイーンの苦闘が予想される作品です!

そしてカーズの題材といえばやっぱりレースなんです!待ちにまったレースメインのシナリオです。

今回の3作品目ではマックイーンはもう中堅の立場で次の若い世代がドンドン大塔して、その中でも群を抜いて速いジャクソンストームという新人が突如、現れます。

性格は意地悪でルーキー時代のマックイーンみたい、声優はオリラジの藤森さんで調子の乗り具合がどはまりです。

そして、マックイーンもストームにコテンパンに負けてしまい引退へと追いやられてしまいます。

マックイーンの事故シーンが衝撃的

ジャクソンストームとの初めての対戦で、マックイーンは事故をしてボロボロになります。

マックイーンが大好きなお子さんなら、心を傷つけてしまうぐらい心配になる衝撃的なシーンでした。

その後、何とか回復し復帰したマックイーンは、打倒ジャクソンストーム目指して、トレーナーとして出会ったラミレスと一緒に修行にでかけます。

しかし最初はラミレスと調子が合わず邪魔されていると感じるマックイーンはある時、ラミレスに厳しい一言を投げてしまいます。
「君はトレーナーだから僕の気持ちがわからないんだろ!」

マックイーンはラミレスが本当はトレーナーではなく、プロのレーサーになりたかったことを知らずに放ったその言葉にラミレスと衝突します。

その後ラミレスとも和解した後、師匠ドックハドソンの故郷にたどり着いたマックイーンとラミレスはドックの師匠であるスモーキーと出会います。ラミレス、マックイーンは最後の修行をスモーキーに託し、映画も終盤に差し掛かります。

そして次のレースでストームに負ければ引退という、窮地に立たされたマックイーンですが、最後は練習をたくさん行い、モデルチェンジをほどこして、ジャクソンに勝つというハッピーエンドの終わり方なのかと思いきや、そうではないんですね。

カーズ3のメッセージは「親心」自分が勝つ喜び以外の喜びを見つける

ジャクソンストームとの最後のレース途中で師匠ドッグがマックイーンに感じていた思いをマックイーンもラミレスに感じるようになりました。

そしてマックイーンは最後、レーサーに憧れ一緒に修行してきたラミレスに自分の代わりにレース出るように指示したんです。
ラミレスも突然のことで戸惑いましたが、

「今が僕が君に与えられる最後のチャンスなんだ」
マックイーンの熱い言葉に覚悟を決めたラミレスはレースに出場し、優勝してしまいます。

1作目での師匠ドックと弟子マックイーンの関係が、3作目では立場がマックイーンとラミレスの師弟関係に移り変わり、マックイーンの新たな成長が胸にグッとくるんですね!

最後優勝したラミレスを見たマックイーンは、1作目で師匠ドックハドソンが言っていた「若者はいいものを持っている」と同じ言葉をマックイーンがつぶやきます。

はい私感動しちゃいました。

まとめ

今日はもう100回は見ているであろう。カーズ3が我々に伝えるメッセージについて記事にしました。

子供の映画だと当初あなどって観ていましたが、このメッセージ性には共感できました。クロスロードという分かれ道の意味が最後で分かる、そんな作品です。

ディズニー映画のお話は大人が見ても感動するお話ばかりなので、子供にはいっぱい映画を見せてやりたいです!
その中でもカーズは絶対オススメです。車好きの男の子なら絶対にはまってくれますし、またトミカのカーズのおもちゃも見ていてすごい可愛いいです。コレクション性もあるので大人も子供と一緒になって遊べますよ!

Sponsored Link

Amazonプライムカテゴリの最新記事