一年があっという間と感じる方へ、要注意ですよ

一年があっという間と感じる方へ、要注意ですよ
一年があっという間と感じる方へ、要注意ですよ

一年があっという間と感じる方へ、要注意ですよ

こんにちは甘父ちゃんです今年に入って早くも1ヶ月が過ぎようとしていますやっぱり今年も猛スピードで1年が終わる気配がムンムンですねー

しかし歳をとればとるほどそのスピードはドンドン上がっていくのを知っていますか?

早い早いと言ってたら人生が終わってたなんてことにならないように少し気をつけたほうがいいですよ!

 

人生があっという間に感じるのは何故?

 

ジャネーの法則って知っていますか?年齢によって一年の経つ体感スピードが変わるという法則です。

ジャネーの法則(ジャネーのほうそく)は、19世紀のフランスの哲学者・ポール・ジャネが発案し、甥の心理学者・ピエール・ジャネの著書[1]において紹介された[注 1]法則。主観的に記憶される年月の長さは年少者にはより長く、年長者にはより短く評価されるという現象を心理学的に説明した。ジャネの法則とも表記する[2]。
簡単に言えば生涯のある時期における時間の心理的長さは年齢の逆数に比例する(年齢に反比例する)。
例えば、50歳の人間にとって1年の長さは人生の50分の1ほどであるが、5歳の人間にとっては5分の1に相当する。よって、50歳の人間にとっての10年間は5歳の人間にとっての1年間に当たり、5歳の人間の1日が50歳の人間の10日に当たることになる。

ジャネーの法則 – Wikipedia

50歳の人の一年は50分の1の長さで、5歳の一年は5分の1の長さになり50歳の人は5歳の人よりも10倍速く感じています。

体感で言ってしまうと、5歳の1日は50歳の10日になり5歳の1年は50歳の10年に相当すると言うことですねーなんかわからんでもないですねー!

 

毎日に新鮮味が無い

 

子どもは毎日が新鮮な事で溢れかえっています。洞窟探検とか超ワクワクでしたからねー未知の世界に足を踏み入れたみたいな感じで!

しかし大人は変わり映えしない仕事、毎日が決まった行動であり、なんにも刺激を受けなくなります。

そうなると1日の出来事は記憶に残りにくくなってしまい、1日の記憶がない!思い出せない記憶上その日は無かったことになり速く感じます

 

毎日が同じ出来事の繰り返し

 

子どもの時みたいに、毎日違う子ども達とあそんで、毎日違う授業を受けて刺激を受け、イベント行事もたくさんあるのに対して、大人は朝起きて、仕事行って、帰ってきてお酒を飲んでテレビ見て、寝て、起きて、また仕事にいくの繰り返し、休みの日は疲れた体を休ませる為いっぱい寝たりダラダラ過ごして刺激を受けないままに終わる。

毎日がほぼ同じなので記憶がずっと上書きされる状態になってしまいます。

実際10日すごした記憶も上書きされて思い返すと1日の出来事になってしまうのです。

しかし1日の体感で考えるとどうでしょうか?

良く子どもはまだ帰りたく無い!もうちょっとあそぶーーーとかを耳にしますよね!

それに対して大人は仕事中、まだ終わらん!時間経つん遅過ぎるとか良く言いますよねー

 

毎日の長さでいえば大人の方が長く感じていますよね!やはり、一年のスピードの速さには1日の時間の感じ方ではなくて、濃密度に関係しているように思います。

 

毎日を楽しく生きようではないか!

 

一週間が始まる時に、まだ日曜日まで6日もあるっていう考えかたは止めましょう!

日曜日も月曜日も同じ1日です!どの日も同じ価値観で1日を過ごせれば、そういった日曜日の特別感は消えて毎日の時間の流れが感じるようになってきます!

仕事もルーティン作業をやめて新しいことをさせてもらえるように志願してみたり、帰ってすぐにお酒を飲むのでは無く本を読んだり勉強したりと脳を出来るだけ動かすようにする。

あと目標を作るのは効果的です!

僕の場合だと今はブログ1万pv目指すですね!達成するために帰ったら自然とパソコンの前に座る週間が出来ました。

雑記ブログなので、日々気になったことを調べたり書いたりしてるのでルーティンにはならず脳には心地よいです!!

ただ時間経つのめっちゃ速いですけどね!笑

 

まとめ

 

今日は人生のスピードの速さを取り上げました。結論としては一年を通して充実している方は人生は長くゆっくりに感じ変わり映えなく生きている人は速く感じるということです。

 

考え方 解消法カテゴリの最新記事