2100年について考えた。

2100年について考えた。
2100年について考えた。

2100年について考えた。

                         
Sponsored Link

みなさんこんにちは貧乏サラリーマンの甘父ちゃんです。

毎週月曜日出版の日経ビジネスで気になる記事がありました

それは今後の日本が長寿大国のトップランナーになると言う記事です。書いてあったことが将来確実に迫りくる問題であり、深く考える必要があると感じました。

人生100年時代の到来

近年、医療の発達や生活の向上に伴い、日本人の寿命が確実に伸びてきています。平成28年厚生労働省簡易生命表によれば2016年に生まれた子が75歳で死ぬ確率が男75.1% 女87.8%90歳まで生きる確率が男25.6%女49.9%1959年では90歳まで生きる日本人の割合は数%ほどだったことからすると驚異の数字です!これ以降には100歳以上生きる方がますます増えていくと予想されています。

寿命が伸びることでどういったことが起こるのか?

一見長生きできるようになるので、幸せに思えますが、そうでは無さそうです。

結論から述べると寿命より先に資産寿命が尽きてしまうようになります。資産寿命とは老後の貯蓄の事です。どうして尽きてしまうのか?寿命が長いからです!

定年後に必要な生活費として年間で平均335万円とされています。公的年金が年間200万円もらえるとして、退職金や老後の貯蓄で3000万円用意していた。このような一般的な理想の老後資金があっても、90歳で底をついてしまうんです。あと10年以上も人生があるのにですよ!

そしてさらに厳しい状態として、老後資金が思うように貯蓄できないと予想されていす。

  • 平均寿命が伸びる平均寿命が伸びる事で自分が何歳まで生きるのかが読めず貯めきれない!
  • 年金給付が減る将来日本の財成が潤い生涯一生年金がもらえれば良いが、現に少子高齢化の影響で確実に減額はされると予想されているし、政府は少子高齢化の対策を取るだろうが将来的に母になる人口も減ることから子供の数は一向に増えず、減額以上になっていくかもしれない!
  • 資金運用難日本の財成が伸び悩み低金利が続き、バブルの時のような銀行に預けさえすればお金が増えるといった事は起こらない!個人で資産運用を考える必要があり難易度的には高くなる
  • 家の資産価値の低下少子高齢化に伴い国民の数が減少し、郊外の家は資産価値が無くなっていくそして地域で空き家が問題化され価値の無くなった家を実費で取り壊したりしないと行けなくなり、資産価値どころか、費用がかさむ!
  • 晩婚、晩産の主流化1950年代では20歳前後で結婚し、30歳前ぐらいで家を買い、40歳半ばで子供の教育費用など大きな出費が続き、50歳台でようやく落ちつきお金を老後の資金に回すことができるようになり、60歳で退職し、満額の基礎年金と退職金と貯蓄とで生涯暮らしていけるというのが一般的でしたが、現代は晩婚や晩産が流行っており、目の前の生活は給料も十分もらえており、裕福に暮らしていけると思われがちだが、家の購入や、子供の教育費用がかかるタイミングが遅れてしまうことで、老後に向けて貯蓄できる期間が無くなってしまいます。老後の為の貯蓄が出来なくなってしまう!

将来のライフスタイル

寿命が伸びたこと、老後資金が無いことから80歳まで働くというのが一般的になる!体もまだ元気で年金が支払われない収入源がない。働くか、死ねかしかないだろう!!

まとめ

寿命が伸びるのってまあまあ恐ろしいですね。しかし、速い段階でヤバイことに気づき対策を考えて行動するだけでも将来が変わってくると思います。対策が見えたら後はやり切るだけです!がんばりましょーー団塊のジュニア世代ファイトーー!

 

Sponsored Link

30代既婚生活カテゴリの最新記事