ゴルフ上達記録、今年の目標100切りまでの道のり2

ゴルフ上達記録、今年の目標100切りまでの道のり2
ゴルフ上達記録、今年の目標100切りまでの道のり2

ゴルフ上達記録、今年の目標100切りまでの道のり2

 こんにちは甘父ちゃんです。

先週の日曜日に今シーズン2回目のゴルフラウンドをして来ましたよ!

果たして満足行く結果になったのでしょうか?

2回目ラウンドの目標

前回スコア140だったので110台まで縮める!

 

よかったらこちらの記事もどうぞ⇒

会場

 

京都大原パブリックコース

 

所在地

 

京都府   京都市左京区大原古知平町345  

TEL(075)744-2331 FAX(075)744-3220

公式ホームページ

 

料金

 

休日10.980円の昼食付で少し高めですが、立地が京都市の北区であることを考えるとリーズナブルですね!

平日は6.980円の昼食付です!

 

混み具合

 

朝の8時半開始だったため、6時に出発しました。朝がたは東大路通も空いており市内から40分ぐらいで付きました!

会場もまだシーズン前なので。混み具合は比較的マシで、後ろを気にせずプレーできました。

ただ、帰りの渋滞がすごかったです。祇園四条八坂神社前の通りが花見客と他県ナンバーの車でごった返していました。

花見シーズンでは東大路通りは避けたほうが良いです。

 

打ちっ放しの練習場が無料

 

今まで行ったコースの中では初めてでした。だいたい30球500円とかお金がかかるので無料には感動しました。

5ヤード先の壁に打ち込むスタイルで飛距離の確認はできませんが、方向やクラブの当たりなどは確認することができるので、試合前の練習には十分です。

打ったあとは自分でボールを集めるセルフ方式ですが、無料なんだし文句はいえませんよね!

 

コースの概要

 

 

三千院で有名な京都大原の山々に囲まれた、パブリック制のゴルフコース大原の自然の中、リーズナブルなお値段でゴルフを満喫!6209ヤード、パー72の変化にとんだ18ホールです。 コース内は電磁誘導式の乗用カートで楽々移動!フルラウンドもハーフもお好みのスタイルで気軽に楽しめます。

引用:大原パブリックコース公式ホームページ

 

18ホールのほとんどが激しいアップダウンのコースで難易度は高めです!ティーショットは山を目掛けて打てるのでかなり爽快

グリーンも傾斜がキツいので、打ち過ぎたらアプローチに逆戻りです。

OUTコースの7ホールと9ホールが打ち上げのpar5で、坂がきつくゴルフどころじゃなくなるぐらい足にきます!

うまく打ってボールを運べばカートに乗って山登りできるので、疲れない為には上手くなる必要があります!

OUTコースの6ホール284ヤードpar4でうまくいけばファーストショットでグリーンに乗せることが出来、BIRDIEを取ることもできるナイスなコースです。

ここで私はpar4で初めてparを取りました!

拍手!!

 

プレー後の反省点

 

天候は暑くもなく寒くもなくといった感じで雨も降らずゴルフ日和でした。

 

スコア

 

IN 58 OUT62

トータル120で目標の110台は惜しくも逃しましたが、ベストスコアです!

あと、コース全体の難易度が高めで、一緒に行ったメンバーのアベレージスコアも上がっており、健闘できたんじゃないかと満足しています。

 

プレー後の反省点と改善策

 

今回初めてpar4とper3で1回づつparが取れました!

それはタマタマでも偶然でも無く、思い通りにボールを運べたことで取れたPARだったので

自分がちゃんと成長していることを実感できたラウンドでした。

しかし、満足できたコースは18ホール中6つぐらいしかなく、中には11打叩いてしまうコースもありました。

 

どうして11打も叩くのか?

 

  • 始まりが悪いとだいたいぐする

最初のティーショットで打ち損ねて100ヤードも行かなかった時はだいたい大叩きします。それは次に使うクラブが飛距離を狙うユーティリティやウッドになる為、難易度が上がるからです。このクラブ達はシャフトが長い分、芯に当てるのが難しいです。その上コースでは平らな面はほぼ無く、練習場でうまく当たっていても本番ではそうは行かないことが多いです。こういった展開の時はセカンドショットで飛距離を狙うよりもアイアンで刻んで進むほうが賢明ですね。

  • とりあえずアプローチとパターが超下手くそ

今回はこの2つがボロボロでした。3打でグリーン周りに来れてダボで終われるかなって時にアプローチとパターで5打ぐらい叩いてしまい、結果+4終わりになることが多かったです。

アプローチの際、飛びすぎてしまうことに怖気づいてクラブを振り抜けていないようです。もっと距離感を意識した練習が必要。

本番のコース上の地面は傾斜だらけで練習場とは全然違います。ショートコースなどを利用し、実際のコースに近い練習をする必要があります。

  • メンタルがくそ

18ホールも回ると中でダレルことがあります。それはダメなプレーが続いた時や昼食後眠たくなった時です。

「もういいや」「何でもいいや」ってなり、1打の重みが減る⇒いいプレーができない⇒スコアが増える

ダレた時ほど1打の重みを意識する。

 

まとめと次回の目標

 

トータルでスコア100台を目指す

 

ゴルフカテゴリの最新記事