暖かくなる季節、忍び寄るものに御注意ください

暖かくなる季節、忍び寄るものに御注意ください
暖かくなる季節、忍び寄るものに御注意ください

暖かくなる季節、忍び寄るものに御注意ください

こんにちは甘父ちゃんです!

今日はおもいっきり日記を書いてやる!って日もあってもいいと思いませんか?ていうより、記事だろうが日記だろうがみんなが喜んで読んでくれるなら、なんでもいいんですよ!きっと

だから喜んでみんな読んでください!なんて

 

忍び寄る彼らに注意せよ!

 

昨日子供たちと一緒に大阪のトミカ博に行ってきました。

トミカ博に興味のある方はこちらの記事もどうぞ!

[blogcard url=”https://paparatchi-pu.com/2018/04/tomikahaku-osaka/”]

ことは突然起きました。

京都から大阪南港まで高速を使って行ったんですが、その帰り道にスピード違反で覆面パトカーに捕まりました。

20歳から車に乗っていますが、車の違反で捕まるのは初めて!しかも初めてが高速の上

時速80km制限のところ109kmで捕まり、罰金が18,000円の3点減点でした。

彼らは予想だにしないところから忍び寄ってきます。

 

まさか!!捕まった時の心境

 

人生は登り坂、下り坂、まさか、だとよく言われますが、まさにまさかな事件でした。

帰り道、ミントガムを2.3個口の中に彫り込んで眠気を抑えて走っていました。

捕まったことがないので、捕まる免疫が全くなく、勝手なんですが時速100キロちょっとぐらいでは捕まらないと信じていましたし、根拠のない自信もありました。

 

突然、後ろに変な車がくっついて来た!

 

よくいるでしょ!右車線でドンドン迫ってくるやつ。

昨今の事件みたいになるのもイヤなので、どうぞっていつも道を譲るようにする甘父ちゃんなんですが、この日も普通に道を譲りました。

抜かれて暫くすると、その車は真ん中の車線に戻り、トロトロ走ってるんです。

普通免疫があれば覆面かもしれんなーってその怪しい行動がヒントなんだと気づくのかもしれませんが、私に関しては全く気づきませんでした。

気持ち悪いクルマとしか思わず、関わりたくないので右車線からビュンと抜いたんです。

そしたら、抜いた瞬間に後ろが騒がしくなりました。

バックミラーごしにさっきの変なクルマがピカピカ光っています。変な車やとは思っていましたが、光を出すなんて、なんて変なクルマなんだと・・・・

 

違う!パトカーや!!

( ゚Д゚)( ゚Д゚)( ゚Д゚)

 

一緒、訳が分からなくなりました。

本当に予想もできずまさかのことが起こってしまったのでマジ焦りました。しかも高速の上だし、今ここで止まったらダメなんですよね?ヤバイ捕まり方が分からへん!?

隣に妻も同席していましたが、妻もなんのこっちゃ分からない。本当に私を捕まえる為にサイレンを鳴らしているのかさえわからない!

こんな状態のまま、10秒ぐらい走行したあと、無事彼らの誘導のもと、無事に捕まることが出来ました。

 

無念の初体験

 

高速のガード道で止まったあと後ろの車から出て来たヘルメット姿の警官に
[speech_bubble type=”ln” subtype=”L2″ icon=”amatochan.jpg” name=”甘父ちゃん”] バリヒント出してるやん[/speech_bubble]と心の中でツッコミました。


[speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”2.jpg” name=”警察”] サイドよしん!パーキングよし![/speech_bubble]と子供が寝てるのに大声で叫んじゃう馬鹿警官に私は捕まり、初めてパトカーに乗りました。

車内の中には覆面用のパトランプ収納箱みたいなものが天井に設置されていて、ボタン一つでランプが飛び出すようになっていました。

あと至るところに禁煙のステッカーが貼ってあり、車内も少し臭かったので、何処にでもアホはいるんだなと彼らも人間であることを感じました。

 

車内にはもう一人運転席に人がいて、少しスピードが出ていたので、止めましたと言われ、順番に違反の経緯をしっかり説明されて、指印したりしたあと、最後に[speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”2.jpg” name=”警察”] なにか急がれていたのですか?[/speech_bubble]

私はその時にはもう放心状態だったので、
[speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”amatochan.jpg” name=”甘父ちゃん”] いや急いてないです。普段通りです[/speech_bubble]

私の回答にちょっと気まずくなりました。

 

罰金の高さに唖然

 

馬鹿みたいなスピードではなく、100キロちょっとですよ!

それで18,000円は高くないですか、まだ何にもしでかして無いんですよ!事故したなら払いますし、償います!

でもまだ何も起こってないですよね?安月給なんで見逃してくださいよ~~

 

あなたたちはまだ犯罪を犯していないドロボーを捕まえないでしょ!?

ひとり部屋で盗む練習をしている人を捕まえないでしょ?

だってまだ悪いことしてないもん!これから悪いことをしようとしてるだけで、まだしてないもん。

それと一緒でしょ!

 

しかも私、普段乗りするゴールド免許資格者ですよ!

事故しないからゴールドなんですよ!技術があるからゴールドなんですよ!分かってますそこんとこ!

と心の中で叫ぶことしか出来ず、全てをお地蔵さんのように受け止めました。

 

それが彼らには反省しているように見えたようで、その後は変な感じにはならずに済み、無事に釈放されました。

そのあとの帰り道、その日に遊んだレジャー代金にドシっとのっかった18,000円に我々は言葉が出ず!マジで1からやり直したい気持ちでいっぱいになりました。

 

まとめ

 

たった少しの気の緩みから、お金もゴールドも思い出も容赦なくむしり取られる現実に、搾取される世の中であることを再確認できました。

みなさんも気をつけてください!彼らは大きい声で決して近寄ってきませんから

30代ネタカテゴリの最新記事