父親なら知らないとマズイ、切迫早産になった母体の回復法【実体験有】

父親なら知らないとマズイ、切迫早産になった母体の回復法【実体験有】
父親なら知らないとマズイ、切迫早産になった母体の回復法【実体験有】

父親なら知らないとマズイ、切迫早産になった母体の回復法【実体験有】

                         

「妻が切迫早産になっちゃった。」

それは突然すぎて父親は「何をしたらいいの?」と急な対応に追われているかと思います。

しかし焦っても状況はかわりません。

ジタバタせずに以下の記事を読み進めてください、絶対にあなたの力になれます。

切迫早産の回復に成功した私の妻の実体験をもとにお答えてしていきます。

 

もしもまだ切迫早産予備軍なら、事前に切迫早産になった時の対策を立てておきましょう。

同時に旦那さんは奥さんが切迫早産にならないようにフォローすることを心がけましょう。

 

基本敵に奥さんは動けなくなるので、育児家事全般を父親がしないといけません。

 

そんな時のために父親なら誰でもできる最低限のワンオペ知識も一緒にどうぞ

シンチャン
突然に備えましょう

切迫早産の基本知識と事前に対策が必要な理由

一般的な出産までの日数は、37週~42週6日(正期産)であり、この日数未満の22週~36週6日で出産することを早産と呼びます。

 

切迫早産は早産になる危険性がある状態のことを言います。

22週~36週6日未満の日数で生まれた場合は流産になり、その危険性がある状態を切迫流産といいます。

 

もし早産で、子供が未熟の状態で生まれてしまうと、感染症や後遺症にかかるリスクが高まります。

 

定期健診で問題があれば医者から次のように診断されます

  1. 子宮頚管が短めなので、安静に過ごしてください
  2. 仕事を休んでくだい、回復するまでは自宅待機です。
  3. かなり危険な状態なので、今日から入院しましょう

このように状態にあわせて診断されます

入院レベルだと、病院で寝たきりになり、回復するまでは入院生活です。

 

このように切迫早産に妻がなってしまったら、生活にかなりの影響がでてくるので、事前に対策が必要になります

 

しかし、旦那さんは実際に奥さんがそうなってからじゃないと、ことの大変さに気づかないものです

「妻が安静に気を使っていればいいんでしょ?」と他人ごとな旦那さんも多いと思います。

 

結論的には初期の診断から、旦那さんは家族の危機に気付いて、奥さんを助けてあげることが大切なんです。

シンチャン
旦那さんの無関心は一番良くないです

 

切迫早産による具体的な私生活の変化

子供がすでにいる家庭で、奥さんが入院するというのは致命的です。

 

入院にはならなずに自宅療養になったとしても、基本的に寝る生活のなるので、

旦那さんがスーパーマンに、ならざるおえません。

 

スーパーマンの内訳

  1. 御飯の準備や買い出し
  2. 保育園に送り迎え
  3. 忙しい時期でも早く退社させてもらう、日中は大忙し
  4. 帰ってからも家事全般と育児全般
  5. みんなが寝静まってから、残業

 

奥さんが回復するまで、もしくは子供が生まれるまでスーパーマンの任務は続きます。

 

これを急にやるのはかなり大変になるので、事前に奥さんとそうなった時のことを相談して、どうしたら乗り越えていけそうかを話しておいたほうが良いです。

シンチャン
家庭の危機にならないように対策しましょう

切迫早産で入院と診断されたら、夫がとるべき行動

実際に切迫早産で入院ですと診断されたら、次の行動を取りましょう。

  • 会社に事情を報告し、何かあったらすぐに帰れるようにする。当分は定時で帰らせてもらう。
  • 奥さんの入院に必要なものを準備
  • 食べるものをどうしていくか考える
  • 家事代行や育児代行など、必要な時があるかもしれないので、調べておく
  • 両親に事情を説明して協力してもらう

 

家庭の危機で、旦那さんが頑張らないといけないはもちろんですが、家事や育児すべてを旦那さんが1人でこなしていくのには、無理があります。

 

誰かに助けてもらはないといけない時も必ずくるので、緊急事態になるまえから、手助けしてくれそうな方にお願いをしておきましょう。

 

両親が遠方で周りに助けてくれる方がいない場合や、お金に余裕がある方などは、家事代行や育児代行などのサービスを取り入れても良いと思います。

 

切迫早産を実際に体験して学んだこと

実際に妻が切迫早産になってしまい夫婦で体験したことを紹介していきます

経験したことで分かったことや、気づいたことがあったので、参考にしたい方の役にたてればと思います。

 

  • 切迫早産にはリラックスできる環境が効果的
  • 病院によって診断結果が違った
  • 妻の両親と子供の関係性が良好だったため、お互いにストレスを溜めずに生活できた

 

切迫早産にはリラックスできる環境が効果的

実体験から言えることですが、妻が落ち着く環境を用意することが切迫早産の回復には有効です。

 

私の妻は子宮頚管が短いことで、まずは自宅療養になりました。

しかし、妻も病気で寝込んでいるわけではないので、どうしても動いてしまいますし、ストレスも貯まります。

結果的に子宮頚管は回復することなく、短くなる一方で入院が決定しました。

 

出産を妻の故郷でする予定だったので、前倒しで向こうの病院に入院させました。

しかしその決断がわれわれ家族にとって良い方向に向いてくれたんです。

 

こっちでは、病気でもないのに基本ベットで横になっている、暇だし、話し相手もいないし、不安だし、ストレスが貯まってしまうに対して、

あっちの生活は、のんびりとできたこと、家の心配がいらないこと、両親が子供を見ててくれること、このような安心な生活に変わったことで、子宮頚管の状態が良くなっていきました。

 

 

 

こっちの病院とあっちの病院とで診断結果が違う。

「子宮頸管もそんなに短くないから心配しなくていいよ。」

唖然としました。

妻の故郷の病院で診察を受けて放たれた一言でした。

 

こっちでは、かなり大変な状態だと言われたから、急きょ妻が最終お世話になる故郷の病院に来たのに、マジですか?

最初は半信半疑でしたが、そこのお医者さんがいうように、このあと妻はみるみる回復していきました。

 

分かったことは、病院の方針や先生によって診断は様々なようで、最初に受けた病院では入院レベルであったものが、妻の地元の病院では心配ないレベルだったということです。

 

結果的に前倒しで里帰りする意味は無かったように思いますが、

故郷の方の病院の先生に再診してもらえたことで問題無しと診断してもらえたことが我々にとってかなりの勇気につながりました。

シンチャン
あのままこっちの病院で過ごしていたら、本当に悪化していったのかもしれません。

おわりにッ

われわれ男の人は子供を産むことができないので、女性の気持ちはわからないことは仕方がないことです。

ただそれでも、不安を抱える奥さんの力になってあげられるのは、あなたしかいません。

 

旦那さんは、バタバタになる前にしっかりと状況を把握し、対策をしておきましょう

シンチャン
急なことでオロオロしてしまいそうな方は事前に対策を考えておきましょう

 

 

お父さんの育児カテゴリの最新記事