あなたの怒り方って大丈夫?3歳児に確実に伝わる怒り方を紹介

あなたの怒り方って大丈夫?3歳児に確実に伝わる怒り方を紹介
あなたの怒り方って大丈夫?3歳児に確実に伝わる怒り方を紹介

あなたの怒り方って大丈夫?3歳児に確実に伝わる怒り方を紹介

                         

3歳児の怒り方で悩んでいませんか?

3歳児は自分の意志を強く持つ歳になり、なかなか親の言うことを聞かないことが多くなってきます。

よくあるのが、そんな子供の態度に親がイライラしてしつい怒鳴ってしまい、子供を恐怖のどん底に落としてしまうことです。

怒鳴って怒ると恐怖が先行するので、何で怒られているのか子供は理解できずただ固まってしまうだけになり、

それはあまりいい状態ではありません。

そこで、

今日はそんな言うことを聞かない3歳児に効果的な怒り方を紹介します。

 

今日紹介する方法は私が保育士さんに聞いて、大変ためになった方法です。

困っている方の助けになる情報であることは間違いないので是非読み進めてみてください。

 

また子供を怒り疲れて嫌になった方に読んでもらいたい記事もあります

読んで頂けたら、そんな怒らなくてもいいんだって納得してもらえると思いますので、疲れたかたは読んでみてください⇒子供を怒り疲れたかたが読むべき記事

3歳男の子を叱って効果があるのは現行犯だけですよ。

わたしが一番良く子供に怒ってしまうことは名前を呼んでも返事をしないことです。

1回目では怒らず、何回か続いてから怒ってしまいます。

怒るフレーズは「前から言ってるやろ!何回言わすねん。次したら許さへんからな!」

最終的に子供は泣いたり、悲しそうな態度をとって、凹んでる風ですが、この怒り方だと次も繰り返します。

3歳児には過去や未来は無く、現在進行形しか無いからです

我々の脳にも、小さい時の記憶が無いのはその時には現在進行形しかなかったからです。

歳をとるに従って、過去や未来を感じることが出来、初めて記憶されていくのです。

だから

前から言ってるやろ!

何回言わすねん 

次、同じことしたら許さないからな

このような怒り方だと今を生きる3歳男の子には全然効果がないんです。

ただその時は怖くて固まっているだけなんです。

叱る時は現行犯でその場でしたことだけを叱りましょう。

3歳児男の子には分かる言葉でシンプルに叱る

子供に対して怒りで叱ってしまう時、子供がしでかすことが続いた時に起こりガチじゃないですか?

我慢の限界というやつです。

 

ご飯食べなさい、そんなこぼすなよ、肘つかない、ダラダラするなご飯食べないとテレビ消すぞ 

 

こんな感じが続き、最後はマジギレパターンになってしまいます。

 

こういった立て続けに不祥事が起きてしまった時、親は叱る時にあれもこれも言ってしまいがちですが、その叱り方で子供が良くなったことってありますか?

 

あれこれ言っても、子供の記憶にはちょっぴりも残っていません。ただ親が疲れるだけです。

そして、頭に血が上ってしまった親は、ついつい気持ちのまま子供を怒ってしまいますが、そのフレーズに分かりにくいニュアンスのものや言い回しなど使ってしまっていると、これまた子供には伝わっていません。

例えば、「調子にのるな!」とか「誰に向かって言ってるねん」は残念ながら全部3歳男の子には伝わっていません。

 

こういったニュアンスを持たしたフレーズは全然通用しません。返って子供を迷わすだけです。

相手は子供です。シンプルに怒ってあげないと理解できません。

たとえブちぎれても、簡単で分かりやすい言葉で怒れるようにしておきましょう。

例えば、返事をしない時は、「返事をしなさいの」一言でいいんです。

イヤイヤ言うなら、「イヤイヤ言うな!」でいいんです。

これから叱りますよの怒った顔

シンプルに怒っても伝わらない子供には表情や声のトーンでカバーします。

これは普段とは違う雰囲気が出ればいいです。

怒っている時は自ずと顔付きも声のトーンもモードに入っていると思いますが、役者さんぐらい、大げさでもいいと思います。

子供に「あっまずい、怒られる」と思わせたら勝ちです。

また、どれだけ怒っても、子供に舐められてしまうお母さんがいると思いますが、顔が恐くないのことが多いです。

子供が怖がるまで恐い顔を練習しましょう。

叱る時は絶対テレビを消す

テレビが付いていると子供の集中力が散漫になってしまい、我々の言葉がうまく頭に入っていきません。

怒っている最中にテレビを見ようとする子供に対して、ちゃんと反省してるのか!と二次災害も起こりがち、

なので怒る時はテレビを消して、子供とちゃんと向かいあってサシで話をしましょう。

叱るのは単発にする長引かせない。

怒って叱ってしまったら、それが長くならないようにしましょう。

頭に血が登り、ブチッてキレてしまったら怒りが止まることなく子供に怒り続けてしまいます。

あとになって怒りすぎたなと気づきますが、その時はイライラをぶつけている最中なのでなかなか冷静に考えることができません。

しかし、前の記事でも言っていますが、1回叱るのにたくさんの内容を盛り込むのは全く効果がありません。

結果叱るのが長引くと子供を攻撃し続けていることになるので、子供は理解できないまま傷つけられている状態になります。

叱る時は長くならないように、分かりやすい言葉で端的にすますことを心がけましょう。

既にイライラモードで怒り出したら止まらなそうな時は、子供と関わらずに好きなようにさせましょう。

それが原因でダメな子供になることは無く、冷静に叱ることが出来る時だけに集中させたほうが大人と子供両方にとってもフラストレーションが溜まらないので良いです。

まとめ≪3歳児男の子に効果的な叱り方を伝授しよう【ポイント5つ】≫

3歳児男の子の効果的な叱り方をまとめると

  1.  3歳男の子を叱って効果があるのは現行犯だけですよ:今を生きる3歳児に過去や未来は無いよ
  2. 3歳児男の子には分かる言葉でシンプルに叱る:変な言い回しは×直球勝負
  3. これから叱りますよの怒った顔:恐い顔を子供に覚えてもらおう
  4. 叱る時は絶対テレビを消す:集中が散漫するので×
  5. 叱るのは単発にする長引かせない:叱るのは短く端的に

 

 

お父さんの育児カテゴリの最新記事