auからUQモバイルに乗り換えて3ヶ月、使って分かるメリットとデメリット

auからUQモバイルに乗り換えて3ヶ月、使って分かるメリットとデメリット
auからUQモバイルに乗り換えて3ヶ月、使って分かるメリットとデメリット

auからUQモバイルに乗り換えて3ヶ月、使って分かるメリットとデメリット

月額料金が安い格安スマホは魅力的ですが、キャリヤと比べて

  • 通信速度はどれぐらい違うの?
  • 機能性は劣るの?
  • どの会社がいいの?

こんな疑問に、auから格安スマホのUQに乗り換えて3ヶ月を迎えた、この私が疑問にお答えしていきます。

先に結論を述べますが、迷わず乗り換えして大丈夫です。

月額費も驚くほど下がりますし、通信速度も全然気にならずに生活できています。

機能性もキャリヤメールが使えなくなるぐらいなので、気になりません

なので、

何も考えずに乗り換えしても、失敗することは少ないでしょう

それでも、

もうちょっとだけ、体験者のナマの感想を聞きたいとゆう方は是非このまま読み進めてみてください。

格安スマホの中からUQを選んだ理由

月額料金を大幅に減らすことができる格安スマホが今注目されています

しかし格安スマホの会社がありすぎて、どの会社に注目したらいいのかが分かりにくくなっています。

そんな中、どうして私はUQモバイルを選んだのか?

  1. au回線を使っている格安スマホを使いたかった。
  2. UQはauの子会社で他の格安スマホより回線状況が優れている。
  3. 通信速度が速い以外のサービスにこだわりがなかった

 

私がオススメするUQに乗り換えしたほうがいい人は

  • auもしくはキャリヤ携帯からの乗り換えを考えている人
  • スマホ月額費を削減させたい人
  • 月額費も抑えたいが、通信速度も下げたくない人
  • あまりサービスにこだわりがない人
  • 家にWi-Fi環境がある人

UQモバイルを3カ月使って感じたメリット

データ残量が持ち越しできるので経済的

UQモバイルはその月に使わなかったデータを繰越できます。

プランごとに使える最大データ量は異なりますが、仕組みはどれも同じ

基本データ容量と増量データ容量の合計が月の最大データ容量になっています。

私のプラン「おしゃべりプランS」

基本データ2GB+増量データ1GB=最大3GB/月

基本データは翌月までの繰越がOKで、増量データでは90日間繰越が出来ます。

格安スマホを使うとキャリア時代よりも、データを節約しようという気持ちが芽生え、不必要にデータを使わない姿勢が生まれました。

その効果もあって、

3カ月たってデータ容量を改めて見てみると、最大8GB/月までデータチャージされていて驚きました。

結果的に1980円で8GB/月もデータを使えるというお得感を感じることができました。

繰越期間は決まっているので、それまでにあんなことやこんなことを惜しみなく使いたいと思います。

増量データは100MBからチャージできるので、通信制限になっても大丈夫

UQモバイルではデータをアプリから自分で簡単に増量ができ

増量データの量も100MB(200円)から増量出来ちゃうので、もし月末に通信制限にかかって、データ増量しても低コストで済みます。

au時代にも月末によく通信制限にかかっていました。

しかし、

当時のauのデータ増量は1GBからしか増量できず(現在0.5GBから増量できます)、1000円もかかるので、増量せずに翌月まで我慢していました。

ネットで1ページ開くのに5分ぐらいかかっていたことを思い出します。

それに比べるとUQの方が圧倒的に増量することへの抵抗が少なく、1回増量しておいて、翌月までデータをなるべく使わないようにすればOKです

スマホの月額費が桁違いに安くなりますよ

1年目はUQのキャンペーン期間中に申し込みができたので、私が1980円で妻は1480円になりました。

2年目からはキャンペーンの効果が無くなり、増量データの費用が発生して私が2480円で妻は1980円になります。

ですが、auで同じプランだった時は2人で20000円近くまで払っていたので、一年目は-16,000円ぐらい二年目は-15,000円ぐらい安くなるので

家庭の固定費削減に大きく繋がり、大満足です

ターボモードからデータ節約モードに切り替えができる

節約モードでは、データを使ってもデータ量が減りません。
通信速度を我慢すれば、通信量無しで永遠に使うことが出来るサービスです。

UQモバイルを3カ月使って感じたデメリット

通信速度は新幹線のトンネルやデパートの駐車場など奥まった場所以外は全然気にならない

3ヶ月使ってみて、感じたスマホの電波状況の良し悪しですが、新幹線のトンネルに入った時に圏外になりました。

また、

とあるデパートの立体駐車場などに入ると電波がかなり弱く、電話してもうまく繋がらないこともありました。

しかし

ただ新幹線を降りたら電波は復活しますし、電波の悪いデパートでも、出て行けば回線も回復します。

そして、

格安スマホが弱いとされている、お昼時と夕方から夜にかけての時間でも、キャリヤ携帯となんら変わらずに通信できています。

こちらの方に強くメリットを感じてしまいます。

月額の支払いはATMからの振込かクレジット払いしかできない。

auでは給料が振り込まれる口座からの引き落としだったので、UQからその流れ絶たれました。

そこは少し不便に感じましたが、たいしたデメリットではありません。

毎月自分でデータ量を追加しなければならない

UQ最大のデメリットがこのシステムです。

月々に使える最大データ量は基本データと増量データの合算でした。

基本データは翌月になると、勝手にチャージされますが、増量データは翌月になったら、自分でデータ量を追加しないといけなく、慣れるまで面倒くさいです。

そして、さらにもし増量データの補充を忘れて翌月を迎えてしまったら、先月分の増量データ分は消滅してしまいますので、そうならないように注意が必要になります。

月初めのチャージを心がけましょう。

謝って無料チャージ分を超えてチャージしてしまう

先程のデメリットの続きになりますが、

ことらのデメリットも自分でチャージすることで起こる問題になります。

月初に増量データをチャージしたかどうかを忘れてしまい、誤って、余分にチャージをしてまい追加料金が加算されてしまうとゆうデメリットです。

追加のチャージ履歴がアプリにあるので、追加する場合は履歴を確認してから追加することをオススメします。

まとめ「auからUQモバイルに乗り換えて3ヶ月、使って分かるメリットとデメリット」

今日はUQモバイルを実際に3ヶ月使ってみて感じたメリットとデメリットについて紹介しました。

私的にはUQに乗り換えたことは大満足で、是非みんなにオススメしたい格安スマホです。

何より月々の費用が格段に安くなるし、

通信速度もいつでも良好だし、データの繰り越し期間も充分に長いです。

デメリットもありますが、値段が安くなる分、自分が動くのは当たり前

データを自分でチャージするぐらい我慢できるはずです

慣れてしまえば、気にならなくなるから(^^♪

最後に私なりの、UQモバイルをオススメする人のおさらいです。

  • auもしくはキャリヤ携帯からの乗り換えを考えている人
  • スマホ月額費を削減させたい人
  • 月額費も抑えたいが、通信速度も下げたくない人
  • あまりサービスにこだわりがない人
  • 家にWi-Fi環境がある人

になります。

最後までありがとうございましたッ

生活便利グッズカテゴリの最新記事