まだ辞めるのは早い!?工場勤務にやりがいを感じられないと気づいたら意識してほしいポイント

まだ辞めるのは早い!?工場勤務にやりがいを感じられないと気づいたら意識してほしいポイント
まだ辞めるのは早い!?工場勤務にやりがいを感じられないと気づいたら意識してほしいポイント

まだ辞めるのは早い!?工場勤務にやりがいを感じられないと気づいたら意識してほしいポイント

                         

毎日、工場で同じ作業の繰り返しがいやになり、転職してもうちょっとやりがいのある仕事に就きたいなと思っていませんか?

しかし、それはちょっと待ったほうがいいです。

 

なぜなら、そういった理由で辞める人は他の職業についてもやりがいを見つけることができない可能性があるからです。

今の会社で何も出来ていないなら、行動を起こしてみるまでは早まらないほうがいいでしょう。

 

やりがいは不満をブツブツ言うだけで行動しない人には手に入りません。

やりがいを手に入れるのには、不満を自分の力で変えてやるぐらいの気持ちを持ち行動する人にしか持つことはできないんです。

シンチャン
やりがいの見つけ方を紹介します

工場勤務にやりがいを感じない人が転職しないほうがいい理由

工場にやりがいを感じない方の多くには

  • 毎日が同じことの繰り返しに嫌気がでている
  • 給料がやすい、なかなか昇給しない
  • 失敗せず業務をこなしても評価してもらえない
  • 人間関係がうまくいかない

など不満を持つ人が多いです。

 

そして不満が原因で、こんな会社は辞めてもっといい会社に勤めたい。

給料がもっといい会社に働きたいと夢を見てしまうんです。

 

しかし、

自分が勤めている工場でもやりがいを感じて仕事をしている方が必ずいます。

  • 組織をまとめている人
  • その会社にとって唯一無二の存在の人
  • 周囲から慕われ、頼りにされる人
  • 会社から期待されている人

 

なぜ、同じ会社でそのような違いがでるのでしょうか?

 

やりがいを持てる人と持てない人との違いは会社の末端社員なのか、中間層~上位層なのかの違いが多きいです。

 

末端の仕事は中間層や上層部が決めた仕事をただする人であり、決められたことを毎日する人になります。

仕事をやらされている状況ではなかなかやりがいを見つけることは難しいでしょう。

なので、

やりがいを感じたいなら、何としてでも末端の平社員から抜け出すことにまずはこだわってください。

工場勤務の平社員がやりがいを感じにくい理由

  • 意見を聞いてもらえない
  • 仕事を任せてもらえない
  • 与えられた仕事をしているだけで一日が終わる
  • 時間が無い中プラスアルファの仕事を何故しないのか?問われている
  • 給料が上がりにくい
  • 周囲に同じ不満を抱えた人が多い

 

工場勤務の平社員にとって、やりがいを感じることが出来にくいのかもしれません。

 

工場勤務の平社員からは上層部の景色は絶対に見えない

平社員の中でも上層部になりたがらない人が結構います。

理由は

  • 責任のわりに給料が少なそうだ
  • 中間管理職は会社の奴隷だから嫌だ

なってもいないのにやりたがらない人がいますが

 

やりたがらない人の多くは上層部の人が言う不満を鵜呑みにしていることが多く、たとえ冗談半分でも真に受けてしまいやる気がなくなってしまうんです。

 

実際に上層部の人に不満なら末端の平社員に戻りたいですかと聞いたら絶対に戻りたくないと言います。

 

中間層や上層部のやりがい

  • 会社を動かしているという自負
  • 人を動かして仕事をしている
  • 社会的な地位が明確にある
  • 自分達でやる仕事を決めている
  • お給料が高い

こういった状況があれば責任が重くなるのは当然です。

 

上層部の方たちはやりがいを感じつつ不満をもらしていることが多く、末端のただの不満とは全然質が違います。

シンチャン
絶対に真に受けないように

 

自分にだってできるはずという気持ちが大事

上層部や中間層の人たちも末端時代が必ずあり、同じように不満を持って仕事をしていた時期が必ずあります。

 

ただその人たちは、不満をもらすよりも、何かできないか自分がそれを変えてやるという意識の人が多いです。

 

やりがいをどこで感じるのかは人によって様々ですが、どれも今の現状から変化しないと見つからないものです。

 

自分の行動が評価されるようになったり、それで給料があがればやりがいは自ずと感じれるようになります。

工場勤務で出世するには論理的思考が大事

やりがいを見つけるためには平社員を抜け出すことが大事であり、それを可能にするのにはやる気と同じぐらい論理的な思考が大事になってきます。

 

ビジネスの話し合いの中では論理的な主張が大事で、

ディスカッションやプレゼンや報告書を書く時に役に立つ能力で、こういった考え方の人は会社でも好成績を残す人が多いです。

 

不満を持つ多くの人の主張には論理的思考が存在せず願望だけを言っていることがよくあります。

 

根拠もないただの願望を会社側が聞き入れてくれるわけがありません。

 

主張したいことがあるなら、相手がそれを納得できる根拠を用意して主張する。

 

論理的な主張が相手の心に響き納得してもらえて初めて主張が通るものです。

性格な数字などを利用して主張するとなお良いでしょう。

 

論理的な主張を鍛えるには論理的に書かれた本を読者する。(ビジネス書など)

ブログを書く(ただ書くのではなく、相手に伝わりやすい書き方にこだわる)などが効果的です。

誰も完璧になるまで待ってくれない、チャンスがあったら手をあげる

何かにチャレンジする時に、参考書や資料などを気がすむまで読んで完璧な状態なってからじゃないと何も始められない人がいますが、

誰もあなたがそれをできるまで待ってくれません。

 

なんでも見切り発進でやる姿勢が大事です。

 

チャンスがあれば、自信が無くても手をあげること。

初めてのことが出来ないのは当たり前で覚えられないことは怒られながら覚えればいいです。

心配しなくても周りが必ず助けてくれます。

 

準備万端になるのをみんな期待していません、逆にチャンスがきたら自信がなくてもやってみようかなと前向きな姿勢の人に会社は期待してくれます。

シンチャン
チャンスが来たら迷わず手をあげましょう。

終わりにッ

今日は工場勤務やりがいの見つけかたについて紹介しました。

やりがいはぼーっと働いていても落ちていません。

つかみ取るぐらいで仕事をしないとやりがいは見えないてきませんでした。

 

転職を考えてもいい人は、

実績を残している、前に向かって突き進んでいる、挑戦したいことがある人です。

 

末端の人が転職しても、意識を変えないかぎり末端のままなのでどこに行こうとやりがいは感じられないでしょう。

シンチャン
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

工場勤務カテゴリの最新記事