【夜間断乳8日目で成功】授乳ナシで息子を寝かしつけした方法を紹介

【夜間断乳8日目で成功】授乳ナシで息子を寝かしつけした方法を紹介
【夜間断乳8日目で成功】授乳ナシで息子を寝かしつけした方法を紹介

【夜間断乳8日目で成功】授乳ナシで息子を寝かしつけした方法を紹介

                         
Sponsored Link

夜泣き王の次男1歳8カ月の夜間断乳を開始して1か月が経ちました。

私なり試した方法で夜間断乳が成功したので、やり方みたいなものを書いてみます。

夜間断乳はお子さんによってスムーズにいく場合とうまくいかない場合があり、我が家の次男は1歳6カ月のころ一日だけ夜間断乳を試したことがあるのですが、その時は全くうまく行きませんでした。

ネット上で夜間断乳にオススメされているあらゆる方法を試しましたが全く効果はなく

基本的におっぱいが好きすぎることで睡眠障害になっていると感じた私は、おっぱいが無い父親と一緒に寝てもらうことから初めてみました。

記事の内容です。

  1.  父親がやった夜間断乳の方法
  2. 夜間断乳に役立った便利アイテム
  3.  夜間断乳後の息子の様子

この記事を読んで実践してもらえれば、お父さんでも簡単に夜間断乳が成功できるようになります。

我が家と同様に毎晩の夜泣きに困っている奥さんを助けたいと思うお父さんは、是非代わりに夜間断乳に挑戦してみてください。

父親がやる夜間断乳のやり方

夜間断乳の目的は、オッパイなしでも生活はできるんだよと子供に分かってもらうことです。

なので私はまず子供が乳無しでも生活ができると理解するまでとりあえず継続することを目標にしました。

しかし普段、寝かしつけをしないお父さんが寝かしつけをするのはかなり大変で、やり方によっては一晩中子供が泣いていることも考えられます。

そんな状況では継続どころじゃありませんよね!

なので私は夜間断乳を継続をしやすくするために、私なりの簡単なルールを作りました。

  • 子供の寝る時間は気にしない
  • 好きなことをさせながら眠ってもらう
  • 安全な状態だったら親が先に寝てもOK

これぐらいゆるく夜間断乳に取り組めば継続もしやすくなります。

なお、夜間断乳はオッパイのない父親のほうが成功しやすいらしく、母親で夜間断乳が無理そうなら父親が代わりに試みてくださいね。

シンチャン
父親と二人きりだとすぐに落ち着いてくれるかも

1日目~父親と次男ふたりっきりの夜間断乳開始

私と次男が初めて二人だけで寝る日は、次男の大泣きからスタートにしました。

まずなによりも優先するのはオッパイ無しで寝させること

幸いこの日は土曜日で明日が休みということもあり寝る時間は気にしないで、とりあえず次男が眠たくなったら寝てもらうことにしました。

まずは母親がいなくて泣いている次男に大好きなキッズ番組を見てもらい落ち着いてもらい、眠たくなるのを待つ作戦。

しかし次男は楽しいテレビに集中して目がかたくなってしまい、眠ったのが深夜0時過ぎと時間はかなり遅くなりましたが無事にオッパイなしで寝させることができました。

 

ここから問題の夜泣きゾーンに入ります。

深夜2時ごろに次男はオッパイが欲しくて泣き出しました。夜泣きの始まりです。

私は必至で対応しました。

俗に言われている夜泣きの対応を試しましたが、次男の様子は以下の通りです。

  1. 抱っこは反り返ってダメ
  2. トントンも基本的に大嫌い
  3. お茶は断固としていらない
  4. オムツを替えても泣き止まない
  5. いつも大好きなハンカチも効果がない

30分ほどは奮闘しましたが、夜泣き中の次男には何をしてもダメだったので、かわいそうですがもう一度次男をしっかり起こすことにしました。

部屋の明かりをつけ、なんとか泣き止んでくれるキッズ番組を探し、何度か試す中で泣き止むキッズ番組に当たりました。

すると、好きな番組を見ることで落ち着きを取り戻し、テレビを見ることに集中してくれました。

私も限界で知らない間に寝てしまっていました。

その後、2.3回ほど夜泣きを繰り返しましたが、それからは次男も本当に眠たいながらの限界の夜泣きだったみたいで

オムツを変えることで眠ってくれたり、お茶を差し出すことで眠ってくれたり。

そばに大人がいる、泣いてもすぐ何かしら対応してくれる、お乳ではないですがそういったぬくもりや安心感が次男にはよかったのかもしれません。

なんとか初日の夜間断乳をオッパイ無しで乗り越えることができました。

2日目~1日目より楽に思えた夜間断乳。父親が夜間断乳のコツをつかむ。

2日目は日曜日で保育園は休みだったので朝はゆっくり寝かしてあげました。

日中の授乳は保育園も通っているため、この頃にはもう全くありませんでした。

が、眠ったとしても毎日夜泣きで1、2時間おきに起きるスタイルが染みついている次男は、お昼寝も超がつくほどショートスリーパー。

保育園でのお昼寝の時間も、周りのお友達は2時間以上ぐっすり眠るのに対し、次男は基本お昼寝は30分~1時間ほどで起きてしまいます。

ですがこの日のお昼寝時間は12時から14時までと2時間しっかりと寝てくれました。

シンチャン
早速、効果が出たのか?

2日目の夜ではある程度、わたしにも要領が分かったので、先に子供が不快になる原因を取り除くアイテムを準備して、夜間断乳にそなえました。

シンチャン
1日目より恐ろしいことはないだろう・・・

1日目と同じで、母親の姿が見えなくなり泣き出しから始まりました。

1日目と同じく好きなキッズ番組を見させて、落ちつかせ0時ぐらいに寝かしつけ成功

この日も3,4回夜泣きで起きましたが、前日同様お茶をあげたり、オムツを変えてあげたり、扇風機をかけて暑さを取り除いてあげると夜泣きが終わりスヤスヤ寝てくれました。

この時から夜間断乳成功の可能性を感じることができました。

シンチャン
これはいけるんちゃうか~?

3日目~次男の様子に変化が現れる

この日は月曜日で私は仕事、次男は保育園と日常生活がやってきました。

またこの頃から次男に良い変化が現れ出します。

  1. 次男は3日目から朝ごはんをしっかりと食べるようになる。
  2. 今まで家同様に保育園でのお昼寝も2時間半ほどしっかり眠れるように。
  3. 夜では母親の姿が見えなくなっても泣かなくる。
  4. テレビを見た状態からの寝かしつけは深夜0時までかかっていたのが、22時半頃と早くなる。
  5. 夜泣きは深夜に2回だけと少なくなる。
  6. かゆみ止めを塗ったりオムツを交換してあげるだけで眠ってくれるように。

次男は少し乾燥肌で、足首やひざの裏、手首、首回りにかゆみが強く現れます。

この頃から、かかりつけの病院からもらっているかゆみ止めが夜間断乳にかなり役立つようになってきました。

シンチャン
救世主お父さんの誕生か?

4日目~次男おっぱいのない生活に慣れ始める

だいぶオッパイ無しでの生活に次男は慣れ始め、生活リズムが整ってきました。

この日から夜中のテレビでの寝かしつけを10時以降やめてみました。

始めは何に集中していいのか分からずに戸惑い泣く様子がありましたが、

安心グッズであるハンカチを渡してあげるとそれを握りしめて眠ってくれるようになりました。

また、夜泣きで目覚めることは4日目は一度もなく一晩中ぐっすり眠ってくれるようになり、ついに念願の断乳成功への希望が見えてきました。

5日目~父親がある程度の達成感を感じて喜ぶ

次男の生活リズムがしっかり作られ始めました。

  1. 朝ごはんをしっかり食べる
  2. 昼寝は2時間~2時間半が定着
  3. 22時頃に眠くなる

この基本サイクルが3日目から連続でできるようになってきました。

この日は気温が暑く2回ほど夜泣きで起きましたが、扇風機を回してあげると簡単に眠ってくれました。

この時ぐらいから次男が何で泣いているのか私にもある程度予想できるようになり不快を取り除いてあげるだけで眠ってくれるようにもなりました。

1年と8カ月毎晩、怪獣のように泣き叫んでいた次男もおとなしく寝てくれるようになり、

母ちゃん
こんな頑張ってくれると思わなかった。感謝だわ

と、お褒めの言葉をいただきましたよ。

6日目~父親と母親が交代して夜間断乳に挑戦

この日から母親と次男の2人でリビングで寝てみることに。

  1. 環境は父親と寝ていた時と同じ
  2. 母親と父親だけをチェンジして実践
  3. 妻に寝かしつけの方法と夜泣き対応を教える
  4. オッパイは何があってもあげないように約束する

もしかしたらオッパイを思い出し泣きだすんじゃないかと不安でしたが、テレビ集中作戦で何とか乗り気ることができました。

夜泣きは2回ありましたが、どちらも思い出しや夢を見て泣いているようでしばらく泣いてから自然に眠りました。

絶対にオッパイ無しで寝ることができなかった息子がオッパイ無しで妻と眠れるようになった初めての日で

私も妻も心から喜びましたし、長男次男も付き合って頑張ってくれていることに感謝した日になりました。

7日目~母親・長男・次男 三人でリビングで寝る

もともとのスタイルである妻、長男、次男で寝る型に近づけました。

リビングでテレビをつけながら三人で寝てもらい、私は久々に一人で大の字になって眠りました。

次男はというと、これまで同様にオッパイ無しで眠りにつき、なんとこの日も夜泣きは一度もありませんでした。

8日目~夜間断乳達成

夜間断乳開始から8日目、この日からリビングから寝室にチェンジし母親、長男、次男の3人でベッドで寝るという夜間断乳の最終形態に突入。

テレビの代わりにドリームスイッチというプロジェクターのおもちゃを使い、寝室でも自然な状態で眠りに導入できるようにして

最初、次男は初めて見るドリームスイッチに興味津々で興奮気味でしたが、次第におもちゃの特性である睡眠誘導にやられて眠ってくれました。

8日目で次男の夜間断乳は完了となりました。

オッパイなしで眠れるように頑張った次男、父親と寝たり母親と寝たりと親の都合に振り回してしまった長男。

泣く姿に心苦しくなる場面もありましたが、次男だけでなく長男も、本当によく頑張ってくれたと思います。

夜間断乳に役立った便利アイテム

夜間断乳に役立ったアイテムを紹介します。

お乳がでない父親でも、これから紹介するアイテムを使うと、夜間断乳が少し楽になるかもしれません。

良ければ参考にしてみてくださいね。

アマゾンプライムビデオのキッズ向け番組が神

テレビが大好きだった次男には好きな番組を見せながら自然に眠ってもらう方法がベストでした。

初めはパパ抱っこで寝かしつけに挑戦しましたが違和感があるのか反り返って拒否モードに入り、眠るどころか泣きわめく一方で大変でした。

そんな時に役立つたのがアマゾンプライムビデオ。

ちょうどアマゾンプライムに入会していて自宅のテレビで見られるようになるファイヤーTVも自宅にありました。

試しに泣いている息子に好きなキッズ番組(我が家は「子猫のチー」が神番組です)を見せてあげたらすぐに泣き止みテレビに集中してくれました。

はっきり言って、テレビを見ながら寝るのは子供に良くないなと思いましたが、
目的は確実にオッパイを忘れさせることであり、それができるのであればもうこの際何でもいいです(笑)

それからも夜間断乳の時だけだと割り切ってテレビでの寝かしつけを行いました。

結果的に7日間この方法を続けましたが、息子は今でもテレビがないと眠れないとか夜遅くまで起き続けることはありません。

ドリームスイッチというおもちゃが寝かしつけに最強

ドリームスイッチというプロジェグターのおもちゃが子供の寝かしつけに最強でした。

父親との断乳生活から母親との断乳生活に変わった時、もしオッパイの存在を息子が思い出したらどうしようか

わたしも妻も不安でした。

寝室にもテレビはあるし息子の気を紛らわすことはできますが、動き回って部屋の危ないものを触るのではないかということが危惧され、夜間断乳が終わるまでは親はうっかり先に寝落ちすることもできません。

母ちゃん
天井にテレビがあれば、子供の気を引いてくれるし仰向けで集中できるから動き回らないし絶対いいのにな~
シンチャン
天井に映像を流せるおもちゃがあるみたいだよ16,000円もするけど
母ちゃん
・・・・・・欲しいな

というわけで即買い。

ドリームスイッチはプロジェクターになっていて天井に映像を写し、子供が仰向けの状態で昔話やディズニーのお話しを見ることができます。

ドリームスイッチのメリット

  1. プロジェクターなので画面サイズは調整でき、天井いっぱいまで大きくできる
  2. 寝つきの悪い子供でも画面に集中しておとなしくなる
  3. 寝るのが嫌な子やもっと遊びたい子でも進んで寝室に来てくれる
  4. 激しい演出などは無く、ちゃんと眠りを誘ってくれる構成
  5. 最後にヒツジの数を数えてくれる
  6. お話が豊富にあり子供は飽きない
  7. お話以外にも眠りを誘う仕掛けがたくさんある

2人の息子も初めはドリームスイッチへの食いつきがすごく興奮気味でしたが、慣れてくると一つのお話が終わるまでに寝てくれるようになりました。

値段は少々しますが、夜中の寝かしつけがスムーズに進むので毎日の苦労を考えるとコスパはいいのではないかと思います。

またうちの次男のように1歳くらいの子供ももちろん楽しめますが、英語の表記や吹き替えもあるので、おそらく年長さんや小学校にあがったお子様でも英語の勉強になるのではと思います。

シンチャン
ママの毎日の苦労を考えたら16,000円は高くないはず

ドリームスイッチデメリット

  1. 昼は明るいのでカーテンを閉めても夜みたいには見られない
  2. 値段が16,000円近くする
  3. 昔話シリーズとディズニーシリーズは別売り
  4. 子供が触れない場所に置く必要がある

ディズニー版↓

通常版(むかしばなし)↓

ディズニー版のソフト単体でも売っているので
本体は通常版を買ってディズニー版ソフトを買えば、
どちらも楽しむことができます

我が家はそのパターンで購入しました。

オッパイの代わりになる安心アイテム

子供が夜泣きをした時にオッパイに変わる安心アイテムを見つけておくことはかなり重要です。

ちなみに次男の安心アイテムは『ガーゼハンカチ』でした。

寝る時はお気に入りのハンカチを常に握りしめていて、夜中に泣いてもハンカチを渡すと鼻のあたりに持って行って、そのまま寝てくれるようになりました。

安心アイテムはお子さんによって様々だと思います。

ハンカチやぬいぐるみやおしゃぶりなどどれだったら自分の子供は安心できるのか知っておくと夜泣きにも対応できますので、自分の子供が何がそばにあれば安心できるのか、普段からよく観察してみましょう。


 

扇風機は汗をかきやすい子供には最適

寝返りだけで起きてしまうデリケートな子にとって、寝苦しい環境だと夜泣きにつながります。

子供が汗をかいてるなど、小まめに気づいてあげることはすごく大事なことでした。

扇風機の風をあてるだけで落ち着いてくれることが良くあったので、これからの季節は扇風機や空調などを利用して室温の調整を試してみてください。

シンチャン
機能にリズム風とタイマーは欲しいですね


かゆみで起きてしまう子には処方されたかゆみ止めを用意

次男は皮膚が弱くアトピー気質でして、夜泣きをする原因の一つにかゆみがありました。

事実、夜中泣いているときは足首やひざの裏、首元など、普段からかゆがっているとこををかいていることが多かったです。

かゆみどめの塗り薬を夜中に塗ってあげることで、スーッと眠ってくれることもありました。

オッパイを飲んでいた時期はクスリを塗っても泣き止みませんでしたが、

オッパイへの執着心が薄れてくれば睡眠の不快を取り除いてあげるだけでいいのかもしれません。

夜間断乳を達成して気づいた事前計画と注意点

実際に夜間断乳を経験してみて、あらかじめに考えておいたほうがいいことや注意点をまとめました。

シンチャン
経験したから分かるリアルな意見です

夜間断乳のスタートは休日の前の夜がベスト

土曜日が休みなら金曜日の夜から。日曜日が休みなら土曜日の夜から開始する。

ではなぜ休みの前日から夜間断乳を開始するのが良いのか?それは父親も子供も初日はほぼ満足に寝れないからです。

寝不足が確定なので、次の日は仕事も保育園も休みであるほうが絶対にいいと思います。

・・・眠たいまま仕事とか、いやでしょ?

父親と二人っきりの夜間断乳は1週間は考えておく

父親が夜間断乳を継続する期間にも注意が必要です。

夜間断乳を開始してから2、3日がたち、オッパイがなくても子供が寝てくれるようになるかもしれませんがまだお母さんと寝るのは早い場合があります。

オッパイの匂いやママの温もりからオッパイの存在を思い出してしまいまた激しく泣き叫び蘇る場合があるからです。

なので私は5日間、子供と2人で眠りました。

また父親からしても期間が予め決められていなかったら、いつまで続ければいいの?と頭によぎるかもしれません。

なので、最初から一週間は寝る!などと夫婦で相談してから取り組んだほうが終わりが見えるので、父親も楽に取り組むことができますよね。

上の子がいる場合は必ずフォローを

上にも子供がいる場合、通常多くの場合は母親と一緒に寝ていることが多いと思いますが、下の子供の夜間断乳の時は、我が家と同様別々に寝る家庭も多いと思います。

初日は特に下の子供の泣き声がうるさく、上の子の睡眠にまで悪影響が及ぶからです。

我が家は初めて母親と次男の2人で寝るという日、長男には

「次男君はオッパイばいばいの練習をしているから、今日は次男君とママの2人だけで寝る練習をする。そやし今日は長男君はパパと2人で寝ような。」と説明をしました。

今まで母親と一緒に寝ていた長男。急に母親を下の子に取られたという感情もきっとあったことでしょう。

できたら、断乳するお子さん以外に子供がいる場合には誰と誰が寝るのか、またはどのような説明の方法なら理解してくれるのかということも考えておいた方がいいと思います。

 

夜間断乳の注意点は途中でやめないこと

夜間断乳を継続する理由は乳離れ以外にもあります。

  • 子供がかわいそう
  • お乳への執着心がより強くなる
  • 母親のガッカリがハンパない

子供がかわいそう

そもそもオッパイを愛す子供にとって、お乳を取り上げられるのはかなり辛いことです。

お乳を飲みたいって言ってるんだから、飲みたいだけ飲ましてあげたらというお母さんや

自然と子供が卒乳するまでお乳をあげようと思っているお母さんか最近では普通にいます。

我が家の場合は、日中の授乳はない生活を数カ月送れていたこと、
病院で夜泣きを相談した際に「軽度睡眠障害」と診断されたこと、
保育園でのお昼寝もまとまって取ることができず、登園すぐ、夕方、夜ご飯時など変な時間に眠くなってしまうこと、

何より本人の体力づくりのために夜間断乳を決断しました。

事実今まで歩かなかった次男は夜間断乳が終わるとほぼ同時に一人で歩けるようになりました。

ですが子供にとったら理不尽な話なのかもしれません。

その理不尽な上に断乳をしたりやめたりするのは子供をただ振り回しているだけで可哀想です。

やるからにはオッパイ無しでも眠ることができるんだという事を最後まできちんと教えてあげるのが、夜間断乳を行う上で一番大切だと思います。

乳離れできなくなる

断乳中にオッパイをあげてしまうと、たくさん泣いたらオッパイをくれるんだと賢くなり、挑戦するたびに夜間断乳が難しくなります。

泣いてる姿をみるのも対応するのも辛いかもしれませんが、開始したら最後までやりきりましょう。

妻のへこみ方

父親の協力のもとの夜間断乳の場合、母親は夜間断乳が成功すれば、毎日の夜泣きの対応に辛い思いをせずに済む!と強く思っていると思います。

それを父親が「しんどいから」の理由で辞めてしまっては、母親の膨らむ期待を大きく裏切ることになります。

お小遣いの減額だって可能性ありますよね。

毎日の夜泣きを1年以上対応してきたのは母親です。

たった数日!
父親よ、頑張ってみようじゃありませんか!

母ちゃん
期待させないでよ・・・

夜間断乳を成功するまとめ

今回の夜間断乳でやってきたことをまとめました。

  1. 母親よりも父親のほうが夜間断乳は圧倒的に向いている
  2. 夜間断乳のポイントは継続のみ
  3. 何を不快に感じているか、何が安心するのかをよく観察すること
  4. 夜間断乳にはAmazonプライムビデオとドリームスイッチが有効
  5. 夜間断乳開始日は休日の前の夜・期間は1週間が目途
  6. 注意点は途中で夜間断乳を止めないこと

以上、私たちが行った夜間断乳実践記録みたいなものでした。

シンチャン
長文を読んでいただいてありがとうございました
Sponsored Link

パパ育児カテゴリの最新記事