うさぎがゲージを噛む原因と対処法を徹底解説

うさぎゲージかじり対策 ウサギQ&A
ウサギQ&A
この記事は約8分で読めます。

・我が家のうさぎがゲージを噛みます。夜中うるさくてねむれませんどうしたら止めてくれますか?

・かじり木を与えたらどんな効果がありますか?また与える木はどんな木でもいいんですか?

 

このような質問にうさぎ飼育歴9年、もちろんゲージ齧りの悩みを経験したことがある私が紹介します。

 

以下記事ではうさぎがゲージを噛んでしまう心理を説明し、その対策を紹介しています。

 

この記事を読めば、うさぎがゲージを噛まなくなる方法が見つかるはずですよ!

うさぎは何でゲージを噛んだらダメなの?

 

まずは何故うさぎがゲージを噛んだらダメなのかについてです。

 

べつに問題がないなら噛むことを止めさせる必要はないかもですが、しっかりと問題があります。

 

不正咬合(ふせいこうごう)と呼ばれる口の病気になる

 

うさぎは硬いものを噛むと歯に負荷がかかって歯並びがおかしくなります。

 

ひどくなると、不正咬合という病気になることも。

《不正咬合による症状》

①食欲がなくなる②体重がおちる③ヨダレがでる

 

悪化すると前歯が口に刺さってご飯を食べられなくなったり、それが原因で違う病気にもかかってしまいます。

 

不正咬合になると病院での治療が必要になります。またその治療も長期間になりやすいです。

 

予防としてはまずゲージを噛ませないこと、また繊維質が高い牧草をたくさん食べさせて日頃から歯をすり合わせて歯を削らせることが効果的です。

 

うさぎがゲージを噛まなくなるように躾ける(しつけ)のは難しい

うさぎはゲージを噛まないほうが良いことを分かってもらえたところで次に対策の話に移ります。

 

そもそもうさぎがゲージを完全に噛まなくなるのは無理っぽいです。

 

うさぎは噛むのが大変好きだし、噛まないように躾ける=ストレスが溜まるのでやめたほうがいいです。

 

なので噛まなくなるように躾けるのはサッサと諦めて、うさぎがゲージを噛まないように工夫することに集中しましょう。

 

うさぎがゲージを噛む理由を知った上での対策法

 

うさぎがゲージを噛む理由は主に要求です。

《主な要求》

①ご飯を入れろ ②ゲージから出せ ③かまってくれ etc

 

うさぎはエサの時間や遊ぶ時間を覚えます。

その時間になってくると早くはやくと飼い主にアピールしてきます。

 

対策としては時間を覚えさせないためにルーティンになりがちな飼育をやめることです。

 

うさぎに時間を読まれないようにお世話の時間をコロコロ変えてあげると要求のゲージかじりがなくなる可能性が高くなります。

 

また注意として、うさぎが要求した時にエサをあげたり外に出したりはしないほうがいいす。

 

うさぎからしたらゲージを噛めばいうことを聞いてくれるんだなと知恵がついてゲージかじりがひどくなってしまいます。

 

なので噛んだタイミングで叱る、怖い顔で見続けるなどをしてダメなことをうさぎに分からせること、要求はのまないぞという厳しい姿勢が大事です。

 

うさぎは暇になったらかじるので環境を整えよう

うさぎのゲージかじりに一番効果的なのは別のものをかじらせる事です。

 

特に若いうさぎは好奇心旺盛で基本なんでもかじりたがります。

 

ゲージに限らず家電製品や家具やおもちゃなど何でもかじるので、うさぎが噛めないよに注意が必要です。

《歴代で噛まれたもの》

①家電のコード②リモコンのボタン③ゴム系のおもちゃ④家具⑤壁紙⑥ジョイントマット

 

対策としてはかじられたくないもの、かじったら危険なものはしっかりと保護をする

 

同時にかじっても安全なものを用意してあげましょう。

かじり対策のマスト商品《カジリき》

 

うさぎが安心してかじっていいもの代表でかじり木があります。

 

良くうさぎがガジガジするところにかじり木を置くと効果的です。

壁掛けタイプ

果物のかじり木

また木なら何でもいいの?という質問には食用のかじりきにしてほしいとお願いします。

道端の枯れ木は汚い

ベニヤ板は防腐剤が入っているなどうさぎによくないです。

具体的にやったこと

次に私が実際に取り組んで良かったことを紹介します。

ゲージの内側にプラパンを貼った。

 

ホームセンターなどでプラパンを購入しゲージの内側からグルッと貼り付けました。

 

プラパンには凹凸がないのでうさぎは噛みたくても噛めなくります。

またプラパンをつけることで赤ちゃんがいたずらできなくなります。

家にハイハイを覚えた赤ちゃんがいると100%いたずらします。

 

ゲージを叩いたり、おもちゃをゲージの中にいれたり、牧草を引っ張ってとったり、プラパンで囲うことで叩く以外は阻止できるので赤ちゃんとの共存にも役立ちます

 

健康診断には絶対にいく

 

私はうさぎの検診を毎月一回通っていました。

 

うさぎがゲージを良くかじっていても一か月に一回先生に異常がないかみてもらえるので安心を得ることができます。

 

また検診と行っても触診になるので費用もお手軽で1000円ぐらいです。

触診では

・口な中をに指を入れて歯の病気の不正咬合になっていないか確認してくれる

・お腹の張りを触って胃腸の病気になっていないかみてくれる

・耳の中、目、お尻なども異常がないか見てくれる

・体重の変化から注意してほしいことや季節ごとに応じたアドバイスなどをくれる

死を感じさせる教え方はしない

 

ゲージを噛んだら大きい音をだしてビックリさせる。

噛んだらキャリーにいれて別の部屋に閉じ込めるなどのしつけ方がありますが、

 

うさぎは子供みたいに反省しません。

 

一回一回死を感じています。

 

ゲージをかじったら殺されるって思わして止めさせるやり方が私は嫌いなのでやってません。

 

歳を重ねるにつれて自然となくなった。

 

正直、若いときはそこら中ガジガジしていて対策をたててもうまく行かないこともありました。

しかし年をとるとだんだんガジガジはなくなっていきました。

 

5歳ぐらいで人間でいう50歳ぐらいなので、それぐらいから落ち着きのあるうさぎに変わっていきます。

 

他にもあるゲージ内での注意事項

ゲージガジガジで不正咬合の病気になる以外にもゲージ内には危険があります。

 

ゲージ内にロフトがある場合

 

ロフトから落ちて骨折

 

高すぎない位置にロフトを置かない、または設置しない。

ゲージのすのこに足が引っ掛かり怪我をする

 

まだ小さいうさぎの場合足も小さいのでゲージの下に敷くすのこの隙間に足が挟まってしまい怪我をすることがあります。

足よりも小さなすのこが敷いてあるゲージを選ぶようにしましょう

カバーや毛布を食べる

 

冬の寒さ対策でゲージに毛布をかけてあげることがありますが、直にかけると食べられるおそれがあります。

 

天板にダンボールを引いた上に毛布をかけるようにしましょう。

隙間を作るようにしうさぎが毛布を引っ張りこめないようになります。

 

爪が折れる

 

爪が伸びているとゲージのすのこに爪が引っかかって折れることがあります。

折れ方にもよりますが、根元から折れるとすごい血がでるのでビックリすることでしょう。

そうなったら、すぐ病院に連れて行かないといけません。

 

対策は常に爪を短くしておくことだけです。

 

ペットシートを食べる

 

ペットシートは水分を吸って膨らむ材質なのでうさぎが誤って食べてしまうと、胃の中で膨張してしまい鬱滞になってしまします。

 

対策としてトイレにペットシートを引くやり方がありますが、食べるかもしれないので我が家ではトイレには砂だけにしてすのこの下だけにペットシートを置いています。

 

うさぎのゲージ齧りを辞めさせるまとめ

最後にうさぎがゲージかじり対策をまとめます。

 

うさぎはゲージを噛むのを辞めないので噛ませないように対策をする必要があります。

①世話の時間を変える・・・・食事の時間、部屋んぽさせる時間

②かじってもいい変わりのものを与える・・・かじり木がベスト

③健康診断には行ったほうがいい

④歳を取れば、おちついてくる

 

ゲージかじりでお悩みの方は今回紹介した対策を取り入れてみてください。

 

しつけようと試みるのもいいですが環境を調整してあげるほうが、人間にもうさぎにもストレスなく効果があるのでオススメです。

 

他にもうさぎの大変なお世話もまとめていますので他にも悩みが、あるかたは見て行ってください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました